特別蒸留 熟成貯蔵 霧島

限定出荷の芋焼酎で、特別蒸留を実感できる至高の一酒ということで購入しました。
この特別蒸留 熟成貯蔵 霧島の原料の芋は、厳選した黄金千貫を使い、水は天下の名水と言われる霧島裂罅水を使っているそうです。
それと、焼酎造りの最終行程である「蒸留」において、アルコール濃度の高い初留だけの分別蒸留を行っているそうです。
さっそく飲んでみたところ、、じっくりと寝かせた熟成貯蔵分を加えているためか、口に含んだ瞬間にアルコール度数40度の芳醇な味を楽しめました。

高濃度酒でありながらふくいくとした香りとまろやかな甘みと旨み、まるで濃縮した青りんごのような味わいとでも表現しましょうか・・・。
また、コクも絶妙のバランスに整えられていました。
ボトルは気品ある大理石肌の陶器で、高級感あふれるデザインです。
これも気に入りました。
ただ、40度ですのでグラスでグイグイってわけにはいかず、舐めるように飲んでおります。(笑)

『特別蒸留 熟成貯蔵 霧島』

焼酎は蒸留酒です。本格焼酎に使われる蒸留機は単式蒸留機と呼ばれ、
この蒸留機によってとりだされるアルコールには
数百種の微量成分が含まれています。
本格焼酎の深い味わいは、
この微量成分の相互作用によって醸し出されるのです。
蒸留を始めて、最初に蒸留から出てくる部分を端垂れといい、
終わりの方に出てくる部分を末垂れといいます。
端垂れはアルコール分が高く、焼酎の旨味の成分を多く含んでいます。
一方、末垂れはアルコール分が低く雑味の成分や
酒質を劣化させる部分を多く含んでいます。
特別蒸留はこの末垂れを取り除く蒸留方法で、
一般に分割蒸留とも言います。
当然アルコール分は高く40%以上で普通蒸留に比べ
豊満な味、コク、風味をかもし出します。
しかも、じっくりと寝かせた熟成貯蔵分を加えているため、
高濃度であるながらフクイクとした香り、
まろやかな味が口にやさしくひろがります。
この製品の性質上、高濃度製品となっておりますので、
そのままを少しづつ生でお飲みになれば、
「特別蒸留 熟成貯蔵 霧島」を存分に味わって頂けることと思います。
(箱にあった栞より)

銘柄:特別蒸留 熟成貯蔵 霧島
かな:とくべつじょうりゅう じゅくせいちょぞう きりしま
原料:さつまいも、米麹
麹:白麹
蒸留:分割
アルコール度数:40度
蔵元:霧島酒造株式会社
郵便番号:885-0011
住所:宮崎県都城市下川東4丁目28号1番
電話番号:0986-22-2323
FAX番号:0986-25-8474

[0010]

コメント 停止中