蔵の神

先日購入した「霧島」が味わいながら飲む焼酎となったために、晩酌用にまたまた焼酎を買ってしまいました。

蔵付き酵母のことを、「蔵の神」といっているところからつけられた名前だそうです。
黒麹とさつまいも(こがねせんがん)で造られた焼酎ですが、開栓のときから感じられる、なんともいえない芋の香りが好かったです。
でも、そんなに芋臭さではなく、ちょっと香ばしさのあるいい香りです。
口に含んだ瞬間の旨みはなんともいえず、ほどよいコクと甘みがあってバランスのいい味でした。
ストレートで飲みましたが、後口もスッキリしていておいしかったです。
値段が手頃なわりにはしっかりとした味わいのある芋焼酎だと思いました。

九州三大河川のひとつである川内川にはぐくまれた薩摩川内市。
この地の豊かな資源をもとに、山元酒造さんは焼酎造りをはじめられて90年以上の歴史を持っていらっしゃるそうです。
この神秘の地、薩州霊山冠獄岳の裾 百次の地に湧き出る湧き水は、地層のフィルターに長い時間に磨かれ、ミネラルを豊富に含んだ神秘の味わいをそのままに、
やわらかでまろやかな、甘みのある天然良質の美味しい水だそうです。
この水を山元酒造さんは仕込み水に使われているので、
焼酎の美味しさを不思議な力で引き出しているのでしょう。
この「蔵の神」は鹿児島ではごく一般的に飲まれている有名な芋焼酎だそうです。

銘柄:蔵の神
かな:くらのかみ
原料:さつまいも、米麹
麹:黒麹
蒸留:減圧
アルコール度数:25度
蔵元:山元酒造株式会社
郵便番号:895-0066
住所:鹿児島県薩摩川内市五代町2725番地
電話番号:0996-25-2424
FAX番号:0996-25-2423

[0011]

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。