正春 原酒 黒麹仕込み

昔より焼酎造りに使われてきた黒麹菌で仕込むことにより、口に含んだときの高い香りと深みのあるコクが楽しめ、余韻の残る味わいの濃さが特徴の「正春」。この正春を造る焼酎蔵「株式会社正春酒造」は明治維新の頃に宮崎県西都市吉田地区に「吉田の焼酎蔵」として黒木虎雄氏が創業されたそうです。そして二代目黒木正秀氏が昭和31年に黒木酒造合資会社として法人成りをし、昭和47年に正秀氏の「正」と奥さんの春さんの「春」を合わせて「正春酒造合資会社」と変名されて現在の五代目社長黒木裕章氏に受け継がれているそうです。
長年「正春」を育ててきた蔵人たちの五感に、手間を惜しまず蓄えてきた経験を大切に焼酎造りに挑戦を続けている蔵です。
その拘りの蔵が造った芋焼酎「正春」の原酒で黒麹仕込みと白麹仕込みの2本セットを年賀に頂きました。
店頭で販売されている「正春」は25度仕立てですが、原酒は36度あり、まさに正月の新春をしっかりと芋焼酎の味で楽しみました。

銘柄:正春 原酒(黒麹仕込み)
かな:まさはる げんしゅ くろこうじしこみ
原料:甘藷・米麹
使用麹:黒麹
蒸留方法:
アルコール度数:36度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:2,500円 (化粧箱側面にMMG-50と表示あり)
蔵元:株式会社正春酒造
郵便番号:881-0101
住所:宮崎県西都市大字三納10029番地
電話番号:0983-45-1013
FAX番号:0983-45-1415

[0249]

コメント 停止中