情留酒 鳴門金時

「情留酒 鳴門金時芋焼酎」というネーミングに惹かれて思わず買ってしまいました。
(同じ名前で愛媛県の桜うずまき酒造さんも造られているそうです。)

石焼芋や栗金時でおなじみの金時芋の最高級ブランド 『鳴門金時』のみを使用しています。
鳴門市の砂地で丹念に育てた鳴門金時芋は甘く、蒸したときの香ばしさは他の芋にはない特徴で、小型の常圧蒸留で丁寧に 蒸留するので蒸留後もほのかに芋の甘い香りが漂ってくるそうです。

ストレートで呑みましたが、たしかに甘い香りが盃からたちのぼってきました。
鳴門金時という芋は日本一高価な芋(九州の黄金千貫の倍以上だそうです)なのですが、焼酎の価格はリーズナブルに抑えられているのは嬉しいかぎりです。

鳴門金時芋の甘さを巧く生かしているので、女性にもお勧めの焼酎だと思います。

銘柄:情留酒 鳴門金時
かな:じょうりゅうしゅ なるときんとき
原料:金時芋、米麹
麹:白麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25度
蔵元:鳴門金時蒸留所
郵便番号:779-3207
住所:徳島県名西郡石井町高原字桑島7-1
電話番号:088-675-3933
FAX番号:088-675-3911

[0025]

コメント 停止中