すぴりっつ

JAPAN’S OWN TRUE RICE SPIRITS APPRECIATED BY THE CONNOISSEUR
PURE & NATURAL SAKE-SPIRITS
純米蒸留酒 すぴりっつ (化粧箱より)
玉乃井すぴりっつー純米清酒の蒸留酒
玉乃井すぴりっつは純米清酒を原料にして、蒸留を繰り返した原酒を長期熟成したスピリッツ製品です。
焼酎を超えた濃醇な香味と円熟感が特徴です。
飲み方はストレート、オンザロック、水割りやお湯割りで楽しめます。 (瓶裏面ラベルより)

玉乃光酒造は延宝元(1673)年に初代中屋六左右衛門が、和歌山市寄合町にて、紀州国紀州藩の第二代藩主徳川光貞(家康の孫)の免許で創業したそうです。玉乃光の酒銘は、代々の六左右衛門が紀州熊野の速玉(はやたま)神社に帰依しており、主神たる「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の御魂が映える」との意味を込めて命名されたと伝えられている由緒ある酒蔵です。因みに現会長の丸山福時氏は11代目だそうです。その後昭和24(1949)年に玉乃光酒造株式会社を設立され、戦災後の昭和27(1952)年から昭和40年代後半にかけて京都伏見に移転されたそうです。

 2月14日のバレンタインにつれあいからもらったもう一本の焼酎が「すぴりっつ」でした。
この「玉乃光 すぴりっつ」は、純米吟醸酒を蒸留した原酒を八から十五年間熟成させたとても贅沢な米焼酎です。蒸留を重ねることでとても奥深い重厚な旨みが凝縮されています。呑み方は冷やしてストレートがお勧めです。焼酎が苦手な方や日本酒が好きな方にも呑んで頂きたい米焼酎です。アルコールの度数を感じさせない爽やかな呑口と喉ごしがたまりません。

アルコール度数が45度以上あるために、酒税法上スピリッツに分類されています。
ところで、スピリッツと言う言葉の響きを聞くと、気持ちが引き締まるような気がするのは、「精神」や「心」を意味する言葉だからでしょうか。もっとも、酒の世界でスピリッツと言えば、万国 共通で「蒸留酒」のことを指します。蒸留によって不要なものや不純なものを取り除いた純粋な酒ということで、精神という名に通じさせたのでしょうか。日本の焼酎も甲類・乙類ともにこのスピリッツに分類されています。
これら焼酎の仲間であるスピリッツは、世界各国どこにでもあります。名前を挙げると、ジン・ウォッカ・アクアヴィット・ウイスキー・ブランデー・ラム・テキーラ、その他いろいろと、ほんとに枚挙にいとまがありません。
しかしながら、「スピリッツ」という言葉は、本当に酒呑みの心に響く神髄をとらえた言葉だと思います。先人の見識には本当に頭が下がるばかりでっすね。これからも焼 酎というスピリッツを愛し続けることで、酒の神髄に触れていきたいものです。

でも、愛しかたも程々にしないと身体がもちません。
そう、なにごとも程々がいいのかもしれませんよね。

と言いつつ、又々杯を重ねておりますが・・・。

銘柄:すぴりっつ
かな:すぴりっつ
原料:米・米麹
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:45度以上46度未満
貯蔵方法:
貯蔵年数:8〜15年
容量:500ml
価格:1,890円
蔵元:玉乃光酒造株式会社
郵便番号:612-8066
住所:京都府京都市伏見区東堺町545番地2
電話番号:075-611-5000
FAX番号:

[0252]

コメント 停止中