小鶴 黄麹

しっかりとした芋の風味を残しながら、すっきりとした後味が残る。
その旨さの秘密は、従来日本酒に用いられてきた黄麹に工夫を重ね、鹿児島の大地から生まれたさつま芋「黄金千貫」と天然水で仕込んだ独自の製法にあります。
はなやかな香の中に、キレがよくて、とろっとろのうまみを引き出した新しい黄麹でつ新しい本格薩摩焼酎ができました。          (瓶の裏面ラベルより)

鹿児島県内の契約農家の方々によって丹念に育てられた新鮮なさつま芋「黄金千貫」と通常日本酒づくりに使われる黄麹に工夫を重ねての使用し、大地が磨いた天然地下水で仕込み、
独自の単式蒸留器で蒸留するという製法が、しっかりとした芋の風味を残しながらも、すっきりとした後味を残してくれるのでしょう。
はなやかな香りのなかにも、ほんのりとしたやさしい香りも残し、キレのよさと、うまみと甘さがある本格薩摩芋焼酎といえます。
暑い夏に、のど越しのいい焼酎をぜひ味わってみてください。

銘柄:小鶴 黄麹
かな:こづる きこうじ
原料:さつま芋・米麹
麹:黄麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25 度
蔵元:小正醸造株式会社
郵便番号:899-3101
住所:鹿児島県日置市日吉町日置 3309番地
電話番号:099-292-3535
FAX番号:099-292-5080

[0029]

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。