天璋院 篤姫

聡明、気丈でいて人への思いやりを忘れない女性。天璋院篤姫。
安政三年、一二月一八日、薩摩藩藩主の島津斉彬の養女から右大臣近衛家養女になり、時の将軍家定と結婚し、ペリー来航以来の危急の日本国を憂慮する斉彬の使命を胸に将軍家に。
後の江戸城無血開城や一五代将軍慶喜の生命を救う役目を担い、その人柄と明晰な頭脳で日本の動乱期を強く生きぬいた女性です。
明治元年の創業以来、焼酎づくりひとすじできた濱田酒造は、彼女が生きてきた時代、本格焼酎づくりの際使われていた黄麹を使用し、このまっすぐな芯があり、そのうえ柔らかさを兼ね備えた薩摩の焼酎を天璋院篤姫と命名しました。
                 ≪ 化粧箱裏面より ≫

鹿児島を代表する女性をイメージし、その時代に使われいた黄麹を使用した商品です。
2008年のNHK大河ドラマが「篤姫」だったこともあり、2007年8月に濱田酒造(株)傳藏院蔵が製造した焼酎が「天璋院 篤姫」でした。
先日スーパーの陳列棚の隅に眠っているのを見つけ、買い求めてきました。

この焼酎は凛として柔らかく、それでいて爽やかできりっとした呑み口です。
女性の方でもロックで美味しく飲めると思いました。
今日は「いいふうふ(11.22)の日」です。二人で秋の夜長を酌み交わしましょうか。。。

銘柄:天璋院 篤姫
かな:てんしょういん あつひめ
原料:薩摩芋(黄金千貫芋)・米麹
麹:黄麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25 度
蔵元:濱田造株式会社 傳藏院蔵
郵便番号:896-0046
住所:鹿児島県いちき串木野市西薩町17-7
電話番号:0996-33-5222
FAX番号:0996-33-5222

[0049]

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。