富乃宝山

明けましておめでとうございます。 2010年の年明けです。
還暦の年をすぎ、今年は古希に向っての第一歩の歩みが始まりました。
今年も徒然なるままに「焼酎」に親しみ触れ合っていきたいと思っております。

お正月ということで、「富が宝の山となりますように」というあつかましい願いを込めて封を開けました。
黄麹を使用しての仕込みですので、グラスに注ぐときの香りは芋焼酎の香りを押さえた軽くあっさりとし口当たりです。
しかし、一口ふくんだときの旨みはとても深く、これが芋焼酎かと思えるようで、知らないで呑むと「爽やかな吟醸酒」と間違えるような口当たりです。
そう、柑橘系の爽やかな香り、「みかん」やリキュールの「コアントロー」を連想させるような香りは吟醸酒を思い浮かべてしまいます。
この果実や花のような上品な香りはきっと女性でも呑み易い焼酎になると思いました。

原料の黄金千貫は南薩摩で有機栽培されたものを使い、これを丹精に磨き、じっくりと低温発酵させているそうです。
つまり、清酒の吟醸酒を造る要領で造られ、黄麹を使用することで、よりフルーティな吟醸香とさつま芋を感じさせない柔らかな仕上がりとなっています。
芋焼酎でありながら脱芋焼酎を目指し造り上げられた焼酎だということで、芋焼酎のクセがなく近頃では若い人にも親しまれる焼酎となっているようです。
飲み方としてはお湯割りではなく、ロックやクラッシュアイスで『富乃宝山』の持っている味わいをじっくりと堪能されるのが好いと思います。
もっとも、私はより香りと旨みを味わいたく、ストレートで呑んでいます。

銘柄:富乃宝山
かな:とみのほうざん
原料:さつま芋(黄金千貫) 米麹
使用麹:黄麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:1,500円
蔵元:西酒造株式会社 (※ HPがとても凝っています )
郵便番号:899-3309
住所:鹿児島県日置市吹上町与倉4970番地17
電話番号:099-296-4627
FAX番号:099-296-4260

[0056]

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメント 停止中