封印甕壷貯蔵古酒 蛮酒の杯

封印甕貯蔵古酒「蛮酒の杯」は、昔ながらの甕壷仕込みで造られ、
じっくりと甕壷のなかで長期貯蔵させたオガタマ酒造の秘蔵の逸品です。
その芳醇な香り、口当たりは、他の追従を許さぬうまさです。まずはストレートでじっくりと味わいをお楽しみください。
                《瓶裏ラベルより》

オガタマ酒造では、仕込みを終えた焼酎をそのまま甕に貯蔵し、五年後、十年後、それ以上貯蔵したヴィンテージ焼酎を造りだしてます。
その代表作が「芋焼酎 秘蔵の酒 蛮酒の杯」です。
鉄幹蔵最上級酒の甕壷貯蔵古酒であり、芳醇な香り、そしてその味わいは他の追随を許しません。
「ヴィンテージ芋焼酎」という新しい概念の逸品は、オガタマ酒造ならではの作品であり、
いち早く世界では、今期2008年のモンドセレクションにおいて”最高金賞”の栄誉を与えました。

封印された100甕超の貯蔵量を誇る蛮酒蔵は、温度面・衛生面に最新の注意を払い、
五年後、十年後、それ以上貯蔵し、じっくりと”その刻”を待っています。
封印がとけた芋焼酎には、とろりとした口当たりとのど越しスッきりの中にも
コクのある旨みがあり、”芋焼酎の別世界”を我々に見せてくれています。 
                      《オガタマ酒造 HP より》
モンドセレクションでの”最高金賞”を2008年・2009年・2010年と三年連続受賞だそうです。

「蛮酒の杯」という銘柄名は江戸の漢学者・頼山陽の詩から拝したものだそうです。

手造りの薩摩芋焼酎「鉄幹」の原酒を選りすぐり、昔ながらの甕仕込みの焼酎を
土中に埋め込んだ甕壺の中でさらにじっくりと5年以上長期熟成させた貯蔵古酒の芋焼酎です。
芋の風味まろやかでその味わいは樽を使わない分神秘的でした。
その芳醇な香り、まろやかですっきりとした口当たりとのど越しの中にも、
他の追随を許さぬコクのある旨みを醸し出しており、芋焼酎の別世界を見せてくれた焼酎でした。
濃い味わいと柔らかなアルコール感は、きっとプレミアがつくような気がします。

この「蛮酒の杯」は、ストレートがもっとも美味しく呑めました。

銘柄:蛮酒の杯
かな:ばんしゅのさかずき
原料:さつま芋・米麹
使用麹:白麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:甕壷
貯蔵年数:5年以上
容量:720ml
価格:1,990円
蔵元:オガタマ酒造株式会社
郵便番号:895-0005
住所:鹿児島県薩摩川内市永利町2088番地
電話番号:0996-22-3675
FAX番号:0996-25-0919

[0099]

コメント 停止中