投稿者のアーカイブ

深海うなぎ 紅芋仕込

薩摩焼酎 古式かめ壺仕込み
完全手漉き和紙ラベル
【企画】
 鹿児島県立鹿屋農業高等学校
 農業クラブ生徒の皆さん
【作業者】
 知的障害者福祉作業所
 eすぺーす作業生の皆さん
【うなぎのシンボル
  マスコット提供(くしらん坊)】
 鹿児島県肝属郡(旧串良町)

    (瓶の裏面ラベルより)

「深海うなぎ 紅芋仕込」のラベルはとても印象的なラベルで、お店の陳列棚でもひときわ目を引きました。この紅いラベルは一枚一枚手漉きで造られた心のこもった特別なラベルだそうです。鹿屋農業高等学校農業クラブの生徒さんたちが企画をし、鹿屋市の知的障害者福祉作業所の皆さんに手漉きの手法を教えていかれたそうです。作業所の皆さんが自ら牛乳パックを回収し、お湯で柔らかくした紙を乾燥させた後、裁断し手漉きで和紙として再生させ、ラベルとして印刷される紙を完成させているそうです。紙の厚みや色合いを統一させるのが難しく、軌道に乗るまでに約半年を要したそうです。
ところで、丸西酒造のある志布志市有明町は鹿児島でも有数のうなぎ養殖の盛んな地区で、蔵の周りもうなぎ養殖池が広がっているそうです。「うなぎ」が有明町のシンボルであるところから「深海うなぎ」と命名したそうで、蔵で使っている水は養殖池で使っている水と同じだそうです。
「深海うなぎ」は、蓬原の山深い地下水を仕込水に、昔ながらのかめ壷を用いて醸しています。また、濾過を最小限の荒濾過に留めているので、旨味と香味成分がしっかりと残り、風味豊かな味わいに仕上がっています。
ストレートで口に含むと、甘いという感じとともに柔らかな芋の香りが口に広がり、後味のいい焼酎です。
香りは強めですが、呑みやすく軽めの焼酎に仕上がっています。ただ、この焼酎は月間に500本しか製造されない焼酎だそうで、なかなか手に入りにくい焼酎です。

銘柄:深海うなぎ 紅芋仕込
かな:しんかいうなぎ べにいもじこみ
原料:さつま芋(さつま紅芋)・米麹
使用麹:黒麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,580円
蔵元:丸西酒造合資会社
郵便番号:899-7503
住所:鹿児島県志布志市有明町蓬原1397番地1
電話番号:099-475-0111
FAX番号:099-475-0121

[0256]

島の華

「島の華」は八丈島の人々がこよなく愛している本格麦焼酎だそうです。
クセがなく、スッキリと呑みやすい素朴な味わいが楽しめる焼酎です。
焼酎と言えば九州を思い出しますが、東京都でも焼酎が造られていました。それが緑濃い都の島、伊豆諸島の八丈島です。幕末の1853年に生まれた島焼酎は、島の人々は愛情と感謝を込めて「島酒」と呼んでいるそうです。自然豊かな島の食には島の酒があう。うまい食文化があるところにはうまい酒がある。八丈島で暮らす人々の気質と島の美味しい空気、そして伝統ある蔵元が丁寧に仕上げた逸品、それが本格麦焼酎「島の華」です。素朴でありながら、味わい深く、芋焼酎のような臭みもなく、島の空気のように透明感あふれるスッキリとした呑みやすい焼酎です。この焼酎は何かを足すのでもなく、何かで割ることもせず、そのままストレートで味わうのが一番だと思います。
この「島の華」はウイスキーの蒸留に使われるポットスティルを別注で作って、それで蒸留をしているそうです。銅製の単式蒸留器で造られた焼酎は、原料の風味がしっかりと残っています。35度とアルコール度数は高めですが、とても呑みやすく仕上がっています。今夜もストレートでチビチビとやっております。

銘柄:島の華
かな:しまのはな
原料:麦・麦麹
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:35度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,080円
蔵元:樫立酒造株式会社
郵便番号:100-1621
住所:東京都八丈島八丈島町樫立2051番地
電話番号:04996-7-0301
FAX番号:04996-7-0876

[0255]

さつま白波 原酒

このさつま白波原酒は原料の個性をそのままに蒸留後一滴の水も加えておりません。度数を感じさせないまろやかな口当たりと原酒ならではの深い味わいをお楽しみください。            (瓶裏面のラベルより)

蔵にある多数の原酒の中から特に厳選したものをそのまま瓶詰めしました。
水を一滴も加えていない原酒ならではのコクと風味が楽しめます。
鹿児島県産の新鮮なサツマイモを厳選して造りあげた本格派のための芋焼酎です。
麹も国産米を使用。アルコール度数37度を感じさせない自然の甘味とまろやかさです。
お湯割りはもちろんストレート、ロックも美味しくいただけます。(蔵元HPより)

原料の芋の個性を大切に、そして蒸留後は一滴の加水もしないのでアルコール度数は37度と高めです。
しかし、その高さをあまり感じさせないまろやかなとろみが感じられます。
そう、芋の香りと味わいをしっかりと楽しめる焼酎なのです。  やはり原酒は旨い!!

銘柄:さつま白波 原酒
かな:さつましらなみ げんしゅ
原料:さつまいも・米麹
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:37度
貯蔵方法:
貯蔵年数:2~3年
容量:720ml
価格:2,100円
蔵元:薩摩酒造株式会社
郵便番号:898-0025
住所:鹿児島県枕崎市立神本町26番地
電話番号:0993-72-1231
FAX番号:0993-72-5554

[0254]

富乃宝山

この芋焼酎は2010/01/01に720ml瓶で呑んでいます。
その時の感想が、「爽やかな吟醸酒を思い浮かべるような柑橘系の香りが楽しめる焼酎」でした。
そして、今回1,800ml瓶を購入し、じっくりと腰を据えて呑んでみました。この富乃宝山は、黄麹を使用し、芋焼酎の香りを抑えたあっさりとした口当たりに仕上がっています。清酒の吟醸酒を造る要領で造られた芋焼酎で、黄麹を使用することによりフルーティーな吟醸香とさつま芋を感じさせない柔らかな仕上がりが特徴の焼酎です。芋焼酎でありながら脱芋焼酎を目指して造りあげられた焼酎だけに芋焼酎のクセがなく呑みやすい焼酎です。ただ、独特の香りがお湯割りには不向きで、呑むのであればやはりストレートでしょうね。この独特の香りについては、好き嫌いがハッキリしているようですが、私的には嫌いな香りではありません。反対にこの香りが呑みやすさを誘うような気がしております。 呑みすぎに注意!です。。

銘柄:富乃宝山
かな:とみのほうざん
原料:さつま芋(黄金千貫)・米麹
使用麹:黄麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,500円
蔵元:西酒造株式会社
郵便番号:899-3309
住所:鹿児島県日置市吹上町与倉4970番地17
電話番号:099-296-4627
FAX番号:099-296-4260

[0253]

すぴりっつ

JAPAN’S OWN TRUE RICE SPIRITS APPRECIATED BY THE CONNOISSEUR
PURE & NATURAL SAKE-SPIRITS
純米蒸留酒 すぴりっつ (化粧箱より)
玉乃井すぴりっつー純米清酒の蒸留酒
玉乃井すぴりっつは純米清酒を原料にして、蒸留を繰り返した原酒を長期熟成したスピリッツ製品です。
焼酎を超えた濃醇な香味と円熟感が特徴です。
飲み方はストレート、オンザロック、水割りやお湯割りで楽しめます。 (瓶裏面ラベルより)

玉乃光酒造は延宝元(1673)年に初代中屋六左右衛門が、和歌山市寄合町にて、紀州国紀州藩の第二代藩主徳川光貞(家康の孫)の免許で創業したそうです。玉乃光の酒銘は、代々の六左右衛門が紀州熊野の速玉(はやたま)神社に帰依しており、主神たる「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の御魂が映える」との意味を込めて命名されたと伝えられている由緒ある酒蔵です。因みに現会長の丸山福時氏は11代目だそうです。その後昭和24(1949)年に玉乃光酒造株式会社を設立され、戦災後の昭和27(1952)年から昭和40年代後半にかけて京都伏見に移転されたそうです。

 2月14日のバレンタインにつれあいからもらったもう一本の焼酎が「すぴりっつ」でした。
この「玉乃光 すぴりっつ」は、純米吟醸酒を蒸留した原酒を八から十五年間熟成させたとても贅沢な米焼酎です。蒸留を重ねることでとても奥深い重厚な旨みが凝縮されています。呑み方は冷やしてストレートがお勧めです。焼酎が苦手な方や日本酒が好きな方にも呑んで頂きたい米焼酎です。アルコールの度数を感じさせない爽やかな呑口と喉ごしがたまりません。

アルコール度数が45度以上あるために、酒税法上スピリッツに分類されています。
ところで、スピリッツと言う言葉の響きを聞くと、気持ちが引き締まるような気がするのは、「精神」や「心」を意味する言葉だからでしょうか。もっとも、酒の世界でスピリッツと言えば、万国 共通で「蒸留酒」のことを指します。蒸留によって不要なものや不純なものを取り除いた純粋な酒ということで、精神という名に通じさせたのでしょうか。日本の焼酎も甲類・乙類ともにこのスピリッツに分類されています。
これら焼酎の仲間であるスピリッツは、世界各国どこにでもあります。名前を挙げると、ジン・ウォッカ・アクアヴィット・ウイスキー・ブランデー・ラム・テキーラ、その他いろいろと、ほんとに枚挙にいとまがありません。
しかしながら、「スピリッツ」という言葉は、本当に酒呑みの心に響く神髄をとらえた言葉だと思います。先人の見識には本当に頭が下がるばかりでっすね。これからも焼 酎というスピリッツを愛し続けることで、酒の神髄に触れていきたいものです。

でも、愛しかたも程々にしないと身体がもちません。
そう、なにごとも程々がいいのかもしれませんよね。

と言いつつ、又々杯を重ねておりますが・・・。

銘柄:すぴりっつ
かな:すぴりっつ
原料:米・米麹
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:45度以上46度未満
貯蔵方法:
貯蔵年数:8〜15年
容量:500ml
価格:1,890円
蔵元:玉乃光酒造株式会社
郵便番号:612-8066
住所:京都府京都市伏見区東堺町545番地2
電話番号:075-611-5000
FAX番号:

[0252]