カテゴリー : 麦焼酎

二階堂 やつがい

原料に麦と麦麹を使い、麦100%の麦焼酎を「大分むぎ焼酎」として昭和48(1973)年に全国に先駆けて生産発売し、麦焼酎の元祖としての地位を確立、そして焼酎ブームの火付け役となったのが二階堂焼酎です。その二階堂をじっくりと熟成させ、豊醇な香りとまろやかな舌触りを高めた焼酎が「二階堂 やつがい」です。このやつがいとは奥豊後地方の方言で八つの刻(現在の3時)に買いに行っていたので「八つ買い」といわれ、一日に三度の食事をとるようになってから後に晩酌に呑む酒を言うようになったそうです。
このやつがいは大分でもなかなか手に入らない超レアな焼酎だそうですが、たまたま近くのスーパーの酒コーナーの陳列棚に鎮座しておりましたので即購入しました。
夏の暑い時期には二階堂のような上品でスッキリとした味わいの焼酎が呑みやすいような気がします。

銘柄:二階堂 やつがい
かな:にかいどう やつがい
原料:麦・麦麹
使用麹:白麹
蒸留方法:減圧
アルコール度数:30度
貯蔵方法:
熟成期間:
容量:720ml
価格:2,175円
蔵元:二階堂酒造有限会社
郵便番号:879-1506
住所:大分県速見郡日出町2849番地 工場 大分県速見郡日出町川崎837番地13
電話番号:0977-72-2324
FAX番号:

【0271】

夢想仙楽

渡唐梅花主  文化越波濤  夢想仙楽酒  西都太宰府  (化粧箱・陶器包装紙より)
梅花主、唐土へと渡る 文化は波濤を越えて来た 仙人の夢に想いて醸す酒 西の都  太宰府に今在り

夢想仙楽  特別に醸造した麦焼酎をスペインより輸入したシェリー酒樽に長期貯蔵いたしております。
【夢想仙楽】の銘々由来:中国の深山幽谷に住むという仙人、その仙人が夢に想い描いて醸した伝統の名酒、《夢想仙楽酒》が西都太宰府で長い歳月の眠りを終えて蘇りました。飲むほどに幽玄、酔うほどに開運の兆しありと世にいう名酒です。(光酒造HPより)

中国の深山幽谷に住むという仙人、その仙人が夢に想い描いて醸した伝統の名酒「夢想仙楽」が西都太宰府で長い歳月の眠りを終えて蘇ったもので、呑むほどに幽玄、酔うほどに開運の兆しありと世にいう名酒だそうです。
太宰府は天皇(すめろぎ)の遠(とう)の朝廷(みかど)と称され、古代より中国大陸の玄関として、また文化文明のクロスワード(交差点)として栄えた古都です。太宰府には、酒造りをはじめとする様々な文化が玄界灘を越えて到来しました。
蔵元の光酒造は太宰府市から北の槽屋郡粕屋町で昭和34年(1959)に創業した比較的新しい蔵元ですが、地元の風土味を活かした日本酒とアイデア溢れる本格焼酎を造っています。
この「夢想仙楽」は豪州産の最高品質の大麦で醸造し、常圧蒸留で蒸留した原酒をスペインから輸入したシェリーの樫樽で5年以上長期熟成して造られています。なぜ、国産大麦ではなく豪州産を使用するのかというと、大麦の粒が均一でより良い麦焼酎が醸せることと、原料価格が安価なことで焼酎価格も低く設定できるからだそうです。
グラスに注ぐと良質な琥珀色の輝きを見せ、鼻孔に漂う長期の熟成によって複雑性を増して品格を感じさせる高貴な麦の香ばしい香り、そして口に含むと舌に伝わる厚みとコクのある豊潤でまろやかな味わい。これらのバランスがとてもよく、ストレートでもついつい呑みすぎています。というよりも、この焼酎はストレートで呑んでこそ旨さが伝わると思います。
この焼酎も取扱店が少ないのかあまり見かけませんが、見かけられたら是非購入して欲しい焼酎です。聞くところによると「百年の孤独」よりも旨いとか。。

銘柄:夢想仙楽
かな:むそうせんらく
原料:麦(豪州産)・麦麹
使用麹:
蒸留方法:常圧
アルコール度数:40度
貯蔵方法:シェリー酒樽
貯蔵年数:5年以上
容量:720ml
価格:2,840円
蔵元:光酒造株式会社
郵便番号:868-0501
住所:福岡県槽屋郡粕屋町大字長者原95番地3
電話番号:092-938-2458
FAX番号:092-939-2553

[258]

島の華

「島の華」は八丈島の人々がこよなく愛している本格麦焼酎だそうです。
クセがなく、スッキリと呑みやすい素朴な味わいが楽しめる焼酎です。
焼酎と言えば九州を思い出しますが、東京都でも焼酎が造られていました。それが緑濃い都の島、伊豆諸島の八丈島です。幕末の1853年に生まれた島焼酎は、島の人々は愛情と感謝を込めて「島酒」と呼んでいるそうです。自然豊かな島の食には島の酒があう。うまい食文化があるところにはうまい酒がある。八丈島で暮らす人々の気質と島の美味しい空気、そして伝統ある蔵元が丁寧に仕上げた逸品、それが本格麦焼酎「島の華」です。素朴でありながら、味わい深く、芋焼酎のような臭みもなく、島の空気のように透明感あふれるスッキリとした呑みやすい焼酎です。この焼酎は何かを足すのでもなく、何かで割ることもせず、そのままストレートで味わうのが一番だと思います。
この「島の華」はウイスキーの蒸留に使われるポットスティルを別注で作って、それで蒸留をしているそうです。銅製の単式蒸留器で造られた焼酎は、原料の風味がしっかりと残っています。35度とアルコール度数は高めですが、とても呑みやすく仕上がっています。今夜もストレートでチビチビとやっております。

銘柄:島の華
かな:しまのはな
原料:麦・麦麹
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:35度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,080円
蔵元:樫立酒造株式会社
郵便番号:100-1621
住所:東京都八丈島八丈島町樫立2051番地
電話番号:04996-7-0301
FAX番号:04996-7-0876

[0255]

3650

深い眠りからさめた幻の一滴
(瓶の表ラベルより)

「3650」は神楽酒造さんが厳選された国内産二条大麦と麦麹を原料にして造られ、蒸留した原酒を樫樽で10年間の永きにわたって貯蔵熟成させたものです。麦の貯蔵酒で10年というのはなかなかありません。
琥珀色の色と艶、広がりのある芳醇な香り、熟成感を感じられるまろやかで深みのある味わい、どれをとっても最高の満足感を与えてくれます。
この焼酎の綺麗な呑み口はストレートで呑まれることをお薦めします。

銘柄:3650
かな:さんろくごうぜろ
原料:麦・麦麹
使用麹:白麹
蒸留方法:減圧
アルコール度数:27度
貯蔵方法:樫樽
貯蔵年数:10年
容量:720ml
価格:2,145円
蔵元:神楽酒造株式会社
郵便番号:882-1621
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸144番地1
電話番号:0982-76-1111
FAX番号:0982-76-1118

[0243]

極蒸 右衛門七

伝家の宝刀
大分本格麦焼酎「極蒸 右衛門七」は、百余年来より引き継がれた杜氏の技を駆使し、厳選された国内産大麦全量の白麹仕込み。そして古来伝来、名水山系・九州くじゅう連山の原生林より湧く、硬度の高い天然ミネラル水を割り水に使用し、さらに蒸留・ろ過・熟成に細心の注意と情熱を持って仕上げました。
ロックで飲むと、氷の溶けはじめには吟醸酒のような優しい風味と、さらりとした上品な味わいをお楽しみ頂けます。
まさに、廣田吉右衛門が現世に残してくれた、蔵の置き土産とも言えるべき、伝家の宝刀・大分本格麦焼酎「極蒸 右衛門七」をご堪能下さい。 (瓶の裏ラベルより)

2012年 春季全国酒類コンクール 麦焼酎部門で第一位を獲得した焼酎です。
原料には国内産の二条大麦を使用し、白麹で仕込んでいます。
日本で初めて超硬度の天然ミネラル水を割り水に使用しています。そのためでしょうか、独特で芳醇な香りと華やかな味わいを持ちながらも、上品な後味が魅力の焼酎に仕上がっていると思います。
麦焼酎の呑みやすさとともに、すっきりとしたきれいな味わいは女性の方にも呑みやすいと思います。

銘柄:極蒸 右衛門七
かな:ごくじょう えもしち
原料:麦・麦麹
使用麹:白麹
蒸留方法:
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,480円
蔵元:合資会社赤嶺酒造場
郵便番号:875-0201
住所:大分県臼杵市野津町野津市164番地1
電話番号:0974-32-2001
FAX番号:0974-32-4161

[0237]