カテゴリー : 麦焼酎

那由多の刻

本格焼酎 【長期熟成貯蔵】 那由多の刻  雲海製のそば焼酎です。
十、百、千、万、億、兆…、那由多…。眠りに就いたのはいつのことだったのか。
途方もなく長い夢を見ていたような、ほんの短い微睡(まどろ)みだったような・・・。
時と名水と素材の絶妙のブレンド。熟成の深い薫りと風味が酔わせます。 《表ラベルより》

この焼酎「那由他の刻」は『なゆたのとき』と読みます。
『なゆた』って、、、はてなんだろう??
実はこの焼酎、スーパーの棚にあったのをろくに確かめもせずに買いました。第一印象は面白いというか変わった名前だなぁ、そしてちょっとウィスキーみたいだな・・・と思ってつい手が伸びてしまったのです。
ですから「那由多の刻」がそば焼酎だとはまったく知らなくて、ラベルを読んでびっくりした次第です。ウィスキーのようだと書きましたが、黄金色のように輝いてはいないものの、ちょっと黄色を帯びていて焼酎にしては珍しい色合いでした。
そして「那由多」とは、、、 ラベルには、十、百、千、万、億、兆・・、那由多・・と書いてあります。 そう、那由多とは数の単位なのでしょうか。あわてて広辞苑を広げてみると・・・『梵語(ぼんご)、阿由多の百倍、極めて大きな数量。千億に当たるという。』・・・どうやら梵語にある言葉で非常に大きな数を言うようです・・・凡人の私には知る由もありません。で、このそば焼酎の名前の由来は、非常に長い間熟成貯蔵をしているから付けたとのことです。
那由多(なゆた)とは数の単位で10の60乗のことです。数の単位は一十百千万・・・億兆京・・・と増えていき、非常に大きな数を表す単位として、 極(ごく)=10の48乗、 恒河沙(こうがしゃ)=10の52乗、 阿僧祇(あそうぎ)=10の56乗、 那由他(なゆた)=10の60乗、 不可思議(ふかしぎ)=10の64乗、 無量大数(むりょうたいすう)=10の68乗)となるそうです。でも長期熟成貯蔵で、このような黄色いウィスキーのような色合いがでるのでしょうか?
そこで雲海酒造(全国区のそば焼酎「雲海」の醸造元)のホームページをのぞいてみました。それによると、このそば焼酎は「高千穂にあるトンネルを利用した貯蔵庫で樫樽に入れて長期熟成した」とのこと。つまりウィスキーのような黄色味は樫樽貯蔵によるものだったのです。・・・これで納得できました。
さてこうした特徴のあるそば焼酎はどのような味わいなのでしょうか?封を切るとほんの少し甘い香りがする程度で、ほとんど匂いがありません。そのまま飲んでも刺激が無くてまろやかです。これが長期熟成の効果なのでしょうか・・・。口当たりが良くてほのかな香り、まるで奥ゆかしい女性のような・・・、呑み始めたら止まらなくなっていました。

銘柄:那由多の刻
かな:なゆたのとき
原料:そば・麦麹・米
使用麹:
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:長期熟成貯蔵
容量:720ml
価格:1,260円
蔵元:雲海酒造株式会社 五ヶ瀬第2工場
郵便番号:882-1203
住所:宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字三ヶ所1275番地
電話番号:0985-23-7830
FAX番号:

[0194]

越空

長期熟成麦焼酎 越空
香ばしく余韻の長い味わいの麦焼酎を目指して、黒麹を使って丁寧に厳選した麦を仕込みました。豊かな風味を生かすために、常圧蒸留した原酒のみを使用し、口当たりのしっかりとした仕上がりになりました。深みのある色合いと、コクのある口当たりは、樫樽で長期に熟成された証です。
麦焼酎「越空」の魅力をお楽しみ下さい。 (瓶裏レベルより)

「越空」は喜多屋が三越と伊勢丹の経営統合を記念して企画・醸造した麦焼酎です。
アルコール度数は39度と非常に高いのですが、樫樽で長期熟成させているので非常にまろやかな味わいに仕上がっています。まるで麦焼酎というよりもブランデーを呑んでいるような感じになります。

銘柄:越空
かな:えっくう
原料:麦・米麹
使用麹:黒麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:39 度
貯蔵方法:樫樽
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:3,150円
蔵元:株式会社喜多屋 
郵便番号:843-0031
住所:福岡県八女市本町374番地
電話番号:0943-23-2154
FAX番号:0943-23-2156

[0190]

吹上蔵

吹上蔵 長期貯蔵 麦 は原酒を3年以上の年月をかけて熟成させた逸品です。
深いコクとまろやかな味わいが特徴で、水割り、ロックがお勧めです。(蔵元HPより)
旨さと熟成の味わい 樫樽で貯蔵し、3年間熟成させた本格麦焼酎です。芳醇な香りとコクのある味わいが特徴です。ゆっくりと手間暇かけて旨さと熟成の味わいを作り出しました。琥珀色に輝く、麦100%の本格焼酎です。水割り、ロックがお勧めです。 (PB大関HPより

明治29(1896)年創業の吹上焼酎がある加世田宮原の亀ヶ丘山腹から湧き出る天然水は鉄分が少なくカルシウムやマグネシウムなどがバランスよく含まれ、昔から地元の名水として多くの人々の喉を潤してきたそうです。その名水と黒瀬杜氏伝統の技と心で醸した味わいのある「吹上焼酎」が生まれているのです。
吹上蔵は、麦焼酎そのものの素直な味わいで呑みやすい焼酎です。熟成によるものでしょうか口当たりも柔らかく丸みを帯びた穏やかさが感じられます。
ストレートで呑まれるのがお勧めです。

銘柄:吹上蔵
かな:ふきあげくら
原料:麦・麦麹
使用麹:
蒸留方法:減圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:樫樽
貯蔵年数:3年
容量:720ml
価格:1,360円
蔵元:吹上焼酎株式会社
郵便番号:897-1124
住所:鹿児島県南さつま市加世田宮原1806番地
電話番号:0993-52-2765
FAX番号:0993-52-0627
販売:大関株式会社
郵便番号:663-8227
住所:兵庫県西宮市今津出在家町4番9号
電話番号:0798-32-2111
FAX番号:0798-36-1538

[0188]

Mrs nasco なすこ

中野BC株式会社のBCとは「Biochemical Creation」(生化学の創造)の略だそうです。
和歌山県海南市で清酒・焼酎・その他の酒類の製造・販売、各種果汁飲料の製造、
栄養機能食品の製造・販売、等を展開している会社で、焼酎蔵元というイメージにはほど遠い会社がつくった焼酎「Mrs nasco」です。
この会社は、梅果汁の生産量が日本で一番多く、最近は梅エキスを使った健康食品やサプリメントの製造・販売にも進出しているそうです。

ホワイトオーク樽で熟成させた麦焼酎を25%(焼酎乙類)と糖蜜焼酎を75%(焼酎甲類)をブレンドした、マイルドで風味豊かなスッキリとした飲み飽きしない焼酎です。ほのかんくる麦の香りの豊かさが女性でも呑みやすい焼酎に仕上がっていると思います。ただ、焼酎好きには少々物足りないかもしれません。

銘柄:Mrs nasco
かな:みせす なすこ
原料:麦・麦麹・糖蜜
使用麹:白麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:2,100円
蔵元:中野BC株式会社
郵便番号:642-0034
住所:和歌山県海南市藤白758番地45
電話番号:073-482-1234
FAX番号:073-482-2244

[0187]

兼重

明治元年、濱田伝兵衛が製法の伝承をうけて家業として焼酎作りを開始して以来、焼酎一筋、今日に到っております。
受け継がれた技術を今に伝える焼酎兼重はまろやかに仕上げる為、甕壺にて貯蔵しました。芳醇な味と香りをお楽しみ下さい。  (化粧箱の裏面及び瓶の裏ラベルより)

濱田酒造には創業の地で昔ながらの木樽蒸留器を使い甕仕込み、甕貯蔵という明治・大正時代の製法を守っている「伝兵衛蔵」と、最新鋭のシステムを導入し高品質の焼酎を量産する串木野の本社工場「傳藏院蔵」、そして濱田酒造が誕生する前、江戸時代の焼酎づくりを再現する「薩摩金山蔵」があります。今回の「兼重」は昔ながらの焼酎造りを行っている「焼酎蔵薩州濱田屋伝兵衛」の麦焼酎です。

この「兼重」は創業時の伝統製法をかたくなに守る「伝兵衛蔵」で造られております。伝兵衛蔵は濱田酒造の発祥の地、いちき串木野市湊町4丁目1番地で代々受け継がれた木樽・甕を使って仕込んでいます。
伝兵衛蔵で造られる焼酎は手間ひまを惜しまず、伝統の製法で丁寧に仕込まれた贅沢な味わいを楽しめます。その存在感ある味わいは、大切なお客さまを精一杯おもてなししたいとき、記念日に心を込めた贈りものとして、めったに口にできない料理を味わうときなど、それぞれの特別なときを過ごす場面に最適な焼酎でしょう。
減圧蒸留によってすっきり軽やかな味わいに仕上がり、その原酒をさらに甕で熟成させることで味に深みが増しております。まろやかで透明感のある甘みとみずみずしさのなかにスッキリとしたドライな後味が残ります。
お値段は少々張りますが、もう一度呑んでみたくなる焼酎のひとつです。
この「兼重」には芋焼酎もあります。こちらもいつか呑んでみたい。。。

銘柄:兼重
かな:かねしげ
原料:麦・麦麹
使用麹:白麹
蒸留方法:減圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:甕貯蔵
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:2,000円
蔵元:濱田酒造株式会社 伝兵衛蔵
郵便番号:899-2101
住所:鹿児島いちき串木野湊町4丁1番地
電話番号:0996-36-5771
FAX番号:

[0185]