カテゴリー : 黒糖焼酎

三年寝太蔵

くろちゅう 三年寝太蔵 奄美黒糖焼酎
三年古酒を主体にし、五年から十年古酒をブレンドした正真正銘の古酒に造り上げました。
黒糖焼酎の本場奄美大島地方の俗に言う黒糖焼酎唎焼師「本格黒糖焼酎愛好家」の中でも最高なる評価を受けております。単式常圧蒸留にこだわり、本来の黒糖焼酎古酒を堪能できるよう仕上げました逸品でございます。 (瓶の裏面ラベルより)

喜界島は文正元(1466)年の琉球王の喜界島征伐からおよそ150年間琉球王の統治下にありましたが、慶長14(1609)年の島津藩の琉球征伐の結果、琉球から分割されて島津藩に属しました。 その後、昭和21(1946)年に米軍によって本土と行政分離されましたが、昭和28(1953)年12月25日に本土復帰を実現しました。
黒糖焼酎は、約500年前にシャム(今の中国)から沖縄に渡来したと伝えられ、その後沖縄から奄美諸島に伝来し、奄美大島で製法技術に幾多の改良と工夫が加えられ、現在の本格黒糖焼酎が生まれました。 奄美群島が昭和28(1953)年にアメリカから返還されたとき、奄美の主要産物である黒糖で焼酎を造り呑んでいた実績が評価され、黒糖を原料にした本格焼酎の製造が酒税法によって奄美群島(奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島)だけに認められました。奄美の特産品「黒糖焼酎」は黒砂糖の素朴な味が米麹とまじり合いまろやかな風味の高級蒸留酒として、また健康志向の和製ラム酒として今や爆発的な人気となっています。
焼酎は、その風土にあった方法で造るのが一番と「くろちゅう」は、常圧蒸留したてのものをすぐに出荷するのではなく、しっかり熟成させて独特のまろやかさを醸し出しています。海岸沿いにある喜界島酒造は、自然の影響を直接受ける自然環境の中で、温度、湿度、風などに逆らわず、地の利を生かして仕込み水を隆起珊瑚の地下水を使ってカルシウムやミネラルが豊富な焼酎を造っています。

この三年寝太蔵は、黒糖焼酎特有の膨らみのある甘い香りと、とても柔らかい口当たり、そして30度というやや強めの度数をも感じさせないまろやかさ。何とも言えない深いコクと口の中に広がるふくよかな甘みは黒糖焼酎古酒ならではの味わいと言えます。ぜひ、ストレートで呑んでみてください。

銘柄:三年寝太蔵
かな:さんねんねたぞう
原料:黒糖・米麹(タイ産米)
使用麹:白麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:30度
貯蔵方法:
熟成期間:3年+5年・10年
容量:1,800ml
価格:2,690円
蔵元:喜界島酒造株式会社
郵便番号:891-6201
住所:鹿児島県大島郡喜界町赤連2966番地12
電話番号:0997-65-0251
FAX番号:0997-65-0947

【0269】

高倉

奄美大島は人の手が入らない原生林に包まれた亜熱帯の島です。森の奥には太古の姿を留める動物たちが数多く生息し、南国の豊かな自然を謳歌しています。奄美大島は、琉球と薩摩が出会い、そして響き合った独特の文化を今に伝えています。それは哀愁のリズムを刻む島唄であり、古老の語る神話の数々に覗えます。日本のどこにもない世界が、今も暮らしのなかに脈々と息づいている島です。そのような風土に培われ、呑み継がれている島の酒が黒糖焼酎です。この黒糖焼酎の主原料の黒糖は、白砂糖に比べて240倍のカルシウムを含み、鉄分は50倍近くも含まれています。奄美大島では黒糖のことを薬糖と呼んでおり、奄美の人たちが冬でも風邪を引かずに若々しくお元気なのは黒糖を毎日食べているからと言われています。長寿の島の奄美大島は四季を通じて温暖な気候で、美味しくミネラルが豊富に含まれたサトウキビが採れます。
高倉は、そのサトウキビから生まれた黒糖を主原料に3年以上熟成した原酒をさらに樫樽で琥珀色に熟成させ、芳醇な味と香りをもつ焼酎に仕上げています。常圧の100℃で醪成分が十分に留出された40度以上の厳選された原酒を、ステンレスタンクに3年貯蔵し、十分に熟成させてまろやかさを出したのちに、さらに樫樽で6ヶ月貯蔵することでコクと旨みを出しています。
ほのかに甘い香りを楽しむためにも、ぜひストレートかオンザロックで呑んで欲しい焼酎です。

銘柄:高倉
かな:たかくら
原料:黒糖・米麹
使用麹:白麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:30度
貯蔵方法:樫樽貯蔵
熟成期間:3.5年
容量:1,800ml
価格:2,415円
蔵元:奄美大島酒造株式会社
郵便番号:894-4034
住所:鹿児島県奄美市名瀬入舟町8番21号 (瓶ラベルには工場の住所が記載)
電話番号:0997-52-8441
FAX番号:0997-53-2119

【0267】

ざわわ

奄美黒糖焼酎 ざわわ
空ととけ込む紺碧の海、繰り返し優しく打ち寄せる波。悠々と流れる時は朝な夕な浜風となりサトウキビの葉をやさしく揺らす。長寿世界一を二人(故泉重千代翁、故本郷かまとさん)も輩出した長寿の島。サトウキビ畑の中である工場で造られる。徳之島の古き時代の島唄を聞かせて熟成させております。心癒されるメロディーを聞きながら熟成したすっきりとした爽やかな柑橘系の香りとやわらかな甘い風味は、飲む人を飽きさせません。       (瓶の裏面ラベルより)

ざわわは、徳之島のサトウキビ畑に囲まれた工場で造られています。「ざわわ」とは、原料のサトウキビが風に揺れる音を表しています。古来伝承の黒麹仕立てと伝統的な甕壷仕込み、そして巧みの技と減圧蒸留によってすっきりとした喉越しと香り立つ焼酎が出来上がっています。また、貯蔵時に、徳之島の古き時代から受け継がれてきた心癒やされる「島唄」を聞かせながら熟成させております。
グラスに顔を近づけると漂ってくる果物のようなほのかな清涼感が南国をイメージさせます。そして口に含んで呑むたびに、碧為すサトウキビの葉が風に揺られ、徳之島の軽やかで自然豊かなゆったりとした雰囲気を感じさせてくれる焼酎です。

銘柄:ざわわ
かな:ざわわ
原料:黒糖・米麹(タイ米)
使用麹:黒麹
蒸留方法:減圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:ステンレスタンク
熟成期間:
容量:1,800ml
価格:1,960円
蔵元:株式会社奄美大島にしかわ酒造
郵便番号:891-7105
住所:鹿児島県大島郡徳之島町白井474番地565
電話番号:0997-82-1650
FAX番号:0997-83-1246

【0266】

加那

【加那】かな(奄美方言・名詞・代名詞・接続語)
恋人、愛人、いとしい人のこと。また男から見た彼女を「加那」、女から見た彼を「サト」という場合もある。
さらに愛加那、むちゃ加那、岩加那など、名前のあとにつけて愛情を込めた敬称としても使う。
最近の日常会話ではあまり聞かないが、島唄や新民謡にもよく使われており、シマンチュ(奄美の住民)ならだれでも知っている言葉。奄美の代表的な方言としてお土産品などにも書かれている。
【行きゅんにゃ加那節】行きゅんにゃかなぶし(島唄)北部奄美の代表的な島唄。一番よく知られている歌詞は「行きゆんにゃ加那、わきゃくとぅ忘りてぃ、行きゆんにゃ加那。うつたちや、うつたちゃが、行きぐるしゃ。ソラ行きぐるしゃ(行くのですか、あなたは私たちのことを忘れて行ってしまうのですか。確かに自分はもう行かなければならないが、どうにも行くのがつらいのだ。)」。  一首の中に問いと答えがあり、もともとは二人で歌ったのではないかといわれる。この詞は男女の別れを歌ったものという説と、生者と死者との別れという説がある。メロディーが短くて覚えやすいため、いろいろな歌詞がついたり、数え歌になったりしている。さらに編曲して器楽合奏曲や合奏曲、オルゴールにもなっている。サンシン(三味線)のおけいこでも、大抵一番最初の練習曲。 奄美ゆむぐち辞典(南南日日新聞)より     瓶のラベル裏面より(加那のラベルの裏側に印刷されていた。)

沖縄から伝わった泡盛が奄美のサトウキビと出会い、米麹とサトウキビの絶妙な融合によって奄美黒糖焼酎が生まれました。加那の蔵元の西酒造も、もともとは沖縄で泡盛を造っていたそうです。大正末期に奄美群島の喜界島に渡り、戦後に現在の名瀬に酒造場を移して今日に至っているそうです。戦中戦後の米不足により黒糖を原料とした焼酎が誕生したといわれています。黒麹菌を使った米麹で一次醪を造り、熟成させてところへ奄美産の砂糖きびの搾液を濃縮した黒糖液を加えて醗酵させ、単式蒸留器で蒸留しています。珊瑚礁の深層より湧き出る地下水で仕込まれ、2年間という熟成期間を経た焼酎は、樫樽の豊潤な香りとともに黒糖の甘さが合わさって、琥珀色の輝きと愛しい人という名に相応しいまろやかで深いコクが堪能できる焼酎だと思います。

銘柄:加那
かな:かな
原料:黒糖・米麹(国産米)
使用麹:黒麹
蒸留方法:
アルコール度数:30度
貯蔵方法:タンク・樫樽
熟成期間:タンク1年・樫樽1年
容量:1,800ml
価格:2,400円
蔵元:西平酒造株式会社
郵便番号:894-0012
住所:鹿児島県奄美市名瀬小俣町11番12号
電話番号:0997-52-0171
FAX番号:0997-52-3006

[0263]

千枝子

株式会社西平本家の黒糖焼酎は世界一のソムリエが絶賛しているそうです。
その株式会社西平本家が造る黒糖焼酎のなかでも絶品中の絶品と言われているのが無濾過黒糖焼酎「千枝子」です。
奄美の伝統製法である三段仕込で仕込まれ、奄美杜氏の小俣都美夫氏が職人の技と拘りをもって丁寧に造られた奄美黒糖初の本格無濾過焼酎が「千枝子」です。この「千枝子」は蔵主の中村千枝子さんの名前で、まさに蔵を代表する黒糖焼酎と言えます。
伝統的な甕仕込みに加えて、一次もろみに半麹(蒸した米に麹菌を付けただけの麹になる前の状態)を加えて仕込んだ後に、さらに黒糖を加えるというこの蔵独自の三段仕込み方法を行っているそうです。半麹を用いた仕込を三段に分けることでゆっくりと糖化が進み、まろやかな風味に仕上がっています。
そして、蒸留された原酒を濾過することなく、そのままの状態で貯蔵し、2日おきに表面に浮いてくる油を丹念にすくい取ることで無濾過の黒糖焼酎が生まれます。
無濾過「千枝子」は、ラベルにも力強さが案じられるとともに、そこに墨風情で書かれた名前にもインパクトを感じました。そして、呑んでみて黒糖の風味と味わいに更なるインパクトを感じたのです。黒糖の深みのある香りと黒糖の旨味が凝縮されたコクは年代もののブランデー以上の風格といえるでしょう。ぜひ、外レートで呑んで欲しい焼酎です。

銘柄:千枝子
かな:ちえこ
原料:黒糖・米麹
使用麹:白麹
蒸溜方法:常圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:甕壷
熟成期間:
容量:1,800ml
価格:3,025円
蔵元:株式会社西平本家
郵便番号:894-0016
住所:鹿児島県奄美市名瀬古田町21番地25号
電話番号:0997-52-0059
FAX番号:0997-52-0512

[0261]