カテゴリー : Other

うま乃風

JAうま特産のつぐね芋とは、通称「大和芋(やまといも)」と呼ばれ、関西でよく出回る品種で、ゴツゴツとしたこぶしの形をしています。いろんなタイプの山芋の中では最も粘り気が強く、加熱するとふっくらとする特性をもち、食感も濃厚です。すりおろしてとろろ汁にしたり、揚げ物にしたりしても美味しいです。もともと奈良に多く見られたことから関西ではこれを大和芋と呼びます。黒い皮の加賀丸いも、丹波やまのいも、白い皮の伊勢いもなどがありますが、いずれも中は白色です。
土質を選び、乾燥をきらうので、栽培が難しく、産地は限られます。高級料理の食材として珍重され、かるかんやまんじゅうなどの和菓子の原料になるのもこの種類です。
外見はゴツゴツとして真黒ですが、中は純白で、箸ですべて持ち上げることができるほどの弾力です。
日本では、さつまいもやじゃがいもが無かった時代には、いもといえば、山芋をさしました。山の芋、やまといも、長いも、いちょういも、自然薯(じねんじょ)、大薯(だいじょ)などのさまざまな呼び名があり、さらに地方によって呼び名が変わるので混乱してしまいます。例えば、「やまといも」と言えば、関東では「いちょういも」のことですが、関西では「つくねいも」(つぐんね芋)のことです。
その「つぐね芋」で造った芋焼酎が「うま乃風」です。つぐね芋の皮をつけたまま仕込んでいるので、つぐね芋特有の強い味わいのある焼酎に仕上がっています。
たしかにまろやかで旨みがしっかりと感じられる焼酎です。
山芋のなかでも栄養価が高いとされているつぐね芋の焼酎、きっと滋養強壮にきく、、、かも。。

銘柄:うま乃風
かな:うまのかぜ
原料:つぐね芋・麦麹・米
使用麹:
蒸留方法:減圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:1,470円
蔵元:桜うづまき酒造株式会社 
郵便番号:799-2424
住所:愛媛県松山市八反地甲71番地
電話番号:089-992-1011
FAX番号:089-992-2159

[0168]

やまじごろし

「やまじごろし」はJAうま特産の里芋を使った焼酎です。
里芋の日本への渡来は古く、稲作が始まった縄文時代後期より古く、奈良時代には栽培されていたといわれています。元々「イモ(奈良時代は「ウモ」)と呼ばれるものは、山で採れる「山芋」のことを指し、それと区別するために、「里で栽培される芋」の意味で「里芋」と呼ぶようになったそうです。
ただし、「サトイモ」は室町時代末期になってから現れる呼称で、奈良時代には「イヘツウモ(家の芋の意味)」、平安時代には「イヘツイモ」や「イヘノイモ」と呼ばれていたそうです。
里芋の別名には「家芋(いえいも)」「畑芋(はたけいも)」「田芋(たいも)」などがあり、これらも「山芋」に対して「人家・村里で栽培される芋」の意味からの命名なのでしょう。
里芋は種ではなく、芋で増えます。そのため昔から子孫繁栄の象徴として各地に様々な祭事が残っているようです。この「やまじごろし」は、宇摩地方(愛媛県四国中央市の旧宇摩郡地域)に吹く三大局地風のひとつ「やまじ風」を封じ、宇摩農業の更なる振興を願ってつけられたそうです。里芋を原料にしていますが、実にまろやかでくせのない芳醇な味が楽しめる焼酎です。

銘柄:やまじごろし
かな:やまじごろし
原料:里芋・麦麹・米
使用麹:
蒸留方法:減圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:1,000円
蔵元:桜うづまき酒造株式会社 
郵便番号:799-2424
住所:愛媛県松山市八反地甲71番地
電話番号:089-992-1011
FAX番号:089-992-2159

[0145]

椰子の詩

この「椰子の詩」の蔵元は南国宮崎の伝統蔵・京屋酒造です。
いろいろな変り種の焼酎がありますが、これはなんと、「椰子の実」というちょっと変わり種の焼酎です。
主原料は中近東産のなつめやしを使用しています。
『いったいどんな味わい?』と思いきや、樽貯蔵をすることで、砂漠の民の貴重なエネルギー源としてのなつめやしの風味を生かしつつも、味に厚みを感じられるといった仕上げになっています。
口に含むと、まるでピーナッツか白檀のような繊細な香りとフレッシュで爽快な南国の風味、そしてフルーティーな味わいが広がります。
この「椰子の詩」は、キンキンに冷やしてロックで呑むことで椰子の風味そのままの味わいが楽しめます。

銘柄:椰子の詩
かな:やしのうた
原料:デーツ(なつめやし)・麦・米麹
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:樽
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:1,525円
蔵元:京屋酒造有限会社 
郵便番号:887-0001
住所:宮崎県日南市油津2-3-2
電話番号:0987-22-2002
FAX番号:0987-23-2314

[0087]

STELLA Half Moon

焼酎に、ゆず果汁をたっぷりと入れ、心地よい爽やかな美味しさに仕上げました。ゆず本来のほどよい酸味とともに癒しの香りをお楽しみください。ゆずの果実には体に嬉しいクエン酸が含まれています。
※香りや酸味の強い柑橘類を香酸柑橘類と呼びます。 《伊勢萬HPより》

このステラハーフムーンは、映画「半分の月がのぼる空」を応援してつくられた焼酎だそうです。
(香川では7月17日(土)に「ソレイユ・2」で上映予定です)
ステラハーフムーンには青いボトルの「香酸ゆず酎」と緑ボトルの「ジンジャー酎」それに紅いボトルの「梅しそ酎」があります。
リキュールはSHOCHU(焼酎)から言うと邪道かもしれませんが、焼酎+柚子果汁ということで「香酸ゆず酎」を呑んでみました。

栓を開けた途端にゆずの心地良い香りが鼻腔を刺激し、口に含んだ瞬間にさわやかな柚子の酸味に舌が占領されました。
柚子の香りと酸味のバランスがとても好く、「焼酎」の味や匂いはほとんど感じさせないので、焼酎が苦手な人でも大丈夫だと思います。
また、柚子の香りはリラックス効果を高め、酸味成分のクエン酸には血液をサラサラにする効果があると言われていますので、香酸機能による『癒しの香りと酸味』が落ち着いた豊かな気分を演出してくれるでしょう。

「香酸ゆず酎」のお洒落な青いガラスのボトルは、星がきらめく空、南の青い海をイメージしたそうです。
たしかに、このボトルの表面に光が差すと、ボトル表面のデコボコともあいまって、深い海・広大な星空を連想させてくれます。
月明かりに照らしだされた「星がきらめく空、南の青い海」をイメージしたボトルを眺めながら、グラスを傾ける・・・・・、そして横には貴女が・・・、っていう演出はどうでしょう。
癒しの香りと酸味が広がり、落ち着いた豊かな気分になれそうですよ。       あくまで私の憧れです・・・。(笑)

私は冷やしてストレートで呑んでいますが、ロックや水割りでも楽しめそうです。水割りにすると「ゆず味のレモンウォーター?」のような味で、ジュースと間違えるような爽やかさです。
また、柑橘系のジュース等で割っても楽しめそうですし、他にも色々出来そうです。よかったらチャレンジてみませんか・・・。

ステラハーフムーン「香酸ゆず酎」は柚子果汁たっぷりの新しい感覚の焼酎です。
女性や健康志向の人に「癒しのためにちょっと酔いたいお酒」としてお勧めします。

銘柄:STELLA Half Moon 香酸ゆず酎
かな:すてら はーふむーん こうさんゆずちゅう
原料: リキュール (焼酎+ゆず果汁)
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:20度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:1,260円
蔵元:株式会社伊勢萬
郵便番号:519-0501
住所:三重県伊勢市小俣町明野576番地13
電話番号:0596-37-4195
FAX番号:0596-37-4723

[0084]