アーカイブ : 2009年 11月

魔界への誘い・新酒

芋の収穫の秋ともなれば、焼酎の新酒が出回ってきます。
この新酒は、荒ごし濾過により、新酒ならではの荒削りな旨さが伝わってくる焼酎です。

今年採れた鹿児島産黄金千貫を仕込んだ新酒100%の芋焼酎です。
新酒の旨味を十二分に楽しめるようにと、原酒の熟成管理のなかで手作業だけで時間を掛け油分等をすくいとり、
「荒ごし濾過」で雑味だけを取り除き旨味成分を残している為、旬の芋焼酎の甘い味・甘い香りを堪能できるそうです。
収穫の秋、最高の出来で蒸留した焼酎がこの「新酒・魔界への誘い」。
新酒は旬の時季の力強くてフレッシュさを楽しむことができますが、その後熟成がどんどん進みむので、1ヶ月後の新酒の熟成感のコクと旨みを楽しむこともできるようです。

■原料
黄金千貫を使い、その両ヘタを丁寧に切り込み、異臭の成分を極力抑えました。
麹は原生黒麹を使用しています。

■蒸留・濾過
原料や蒸留にこだわったとしても、濾過が強すぎるとせっかくの甘みと深みが飛んでしまい、辛いばかりの味わいの無いものができてしまうため、
荒ごし濾過により、こだわりの味わいを十分に残しつつ深みとまろやかさを残すことに成功。

■命水
水は多良岳山系の伏流水を原料の洗米、仕込みから割り水までに全ての工程で使用するこだわり。

といったところだそうです。

堅さはあるものの、旨味がしっかりと口に残り、新酒独特の味を堪能させて頂きました。

銘柄:魔界への誘い・新酒
かな:まかいへのさそい・しんしゅ
原料:さつま芋・米麹
麹:黒麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25 度
蔵元:合資会社光武酒造場
郵便番号:849-1322
住所:佐賀県鹿島市浜町乙2421番地
電話番号:0954-62-3033
FAX番号:0954-62-3075

[0050]

天璋院 篤姫

聡明、気丈でいて人への思いやりを忘れない女性。天璋院篤姫。
安政三年、一二月一八日、薩摩藩藩主の島津斉彬の養女から右大臣近衛家養女になり、時の将軍家定と結婚し、ペリー来航以来の危急の日本国を憂慮する斉彬の使命を胸に将軍家に。
後の江戸城無血開城や一五代将軍慶喜の生命を救う役目を担い、その人柄と明晰な頭脳で日本の動乱期を強く生きぬいた女性です。
明治元年の創業以来、焼酎づくりひとすじできた濱田酒造は、彼女が生きてきた時代、本格焼酎づくりの際使われていた黄麹を使用し、このまっすぐな芯があり、そのうえ柔らかさを兼ね備えた薩摩の焼酎を天璋院篤姫と命名しました。
                 ≪ 化粧箱裏面より ≫

鹿児島を代表する女性をイメージし、その時代に使われいた黄麹を使用した商品です。
2008年のNHK大河ドラマが「篤姫」だったこともあり、2007年8月に濱田酒造(株)傳藏院蔵が製造した焼酎が「天璋院 篤姫」でした。
先日スーパーの陳列棚の隅に眠っているのを見つけ、買い求めてきました。

この焼酎は凛として柔らかく、それでいて爽やかできりっとした呑み口です。
女性の方でもロックで美味しく飲めると思いました。
今日は「いいふうふ(11.22)の日」です。二人で秋の夜長を酌み交わしましょうか。。。

銘柄:天璋院 篤姫
かな:てんしょういん あつひめ
原料:薩摩芋(黄金千貫芋)・米麹
麹:黄麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25 度
蔵元:濱田造株式会社 傳藏院蔵
郵便番号:896-0046
住所:鹿児島県いちき串木野市西薩町17-7
電話番号:0996-33-5222
FAX番号:0996-33-5222

[0049]

そば焼酎 呂山

雲海酒造が「綾・手作り蔵」で仕込んだそば焼酎「呂山(ろざん)」です。
黒麹を使い甕壺仕込みにより、香ばしいそばの風味とコクがある味わいに仕上げられています。
雲海酒造は「蕎麦焼酎雲海」が有名ですよね。。

この「呂山}は厳選されたそばを、宮崎・綾の手造り蔵で、黒麹かめ壷仕込みなど昔ながらの伝統的な造りにこだわって、じっくりと仕込んだ焼酎です。
香ばしいそばの風味と落ち着きのある力強い旨み、そして黒麹かめ壷仕込みによる重厚でコクのある味わいが楽しめる本格そば焼酎です。

「綾・手造り蔵」とはは、平成17年10月に宮崎県・綾町の本格焼酎蔵綾蔵内に誕生しました。
町おこしの一環として、ここで黒麹かめ壷仕込み、木桶蒸留などの伝統製法にこだわった
手造りによる本格焼酎造りを行っているそうです。

銘柄:そば焼酎 呂山
かな:そばじょうちゅう ろざん
原料:蕎麦・米麹
麹:黒麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25 度
蔵元:雲海酒造株式会社 綾工場
郵便番号:880-1303
住所:宮崎県東諸県郡綾町大字南俣字豆新開1800番地5
電話番号:0985-77-2782
FAX番号:0985-77-1442

[0048]

さつま白波・新酒

本年度産の初掘り芋(黄金千貫)を原料に黒麹で醸した新焼酎です。
その年の収穫、季節感が楽しめる焼酎に仕上がっています。
芋の旨味に甘く華やかな香り・・・新焼酎の醍醐味を是非、味わってください。
飲んでみると、少し新酒独特の舌や喉にピリリッときますが、濃醇なコクと甘さがあり、美味しい焼酎に仕上がっていました。

香は) 無濾過と謳われた銘柄に似た「ほっくり」とした香りがします。
生で) 口当たりやわらかく、しっかりしたコクもあり、刺激もあまり感じません。
氷は) 濃厚な味わいと、一気に増す甘味……..でも、後味に渋味がきますね。
水割) 濃厚なのに爽やかな飲み心地で、充分な旨味を感じとれます。
湯割) 「ほっくり」した旨味と香味で、芋焼酎の満足感に十二分浸れます。
といったところでしょうか。

とにかく、「抜群に旨い」のひとことです。

銘柄:さつま白波・新酒
かな:さつましらなみ・しんしゅ
原料:さつま芋・米麹
麹:黒麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25 度
蔵元:薩摩酒造株式会社
郵便番号:898-0025
住所:鹿児島県枕崎市立神本町26番地
電話番号:0993-72-1231
FAX番号:0993-72-5554

[0047]

舟人

西海乃壱醸 「舟人」 限定焼酎

薩摩焼酎「舟人」は鹿児島県の西南部地引網でにぎわう吹上浜に隣接する蔵元の商品。
清酒でつかわれる黄麹で仕込み、
香りがフルーティーでやわらかな口当りのするキレの良い焼酎。
水割り・お湯割りでお楽しみ下さい。
          ≪ 瓶のラベルより ≫

造りは減圧蒸留で黄麹100%仕立て。
しかも酵母にも香りを強く出す、最上級かおり酵母を使っています。
減圧蒸留で香りを極めた芋焼酎と言えるのではないでしょうか。

ただ、黄麹は扱いが難しく、厳格な温度管理が必要ですので、それに応じた高めの価格ではありました。

この焼酎の良さを発揮するのならロックがお勧めとのことでしたので、さっそくロックグラスに注ぐと、すぐに特徴ある香りが漂ってきました。
減圧特有のエステル香やレモンの様な柑橘系の香り、全く芋焼酎の香りはしません。
その点、好みは分かれるかもしれませんが、ロックで飲む事の多い方は好まれる焼酎だと思います。

味わいはほのかな甘さとスッキリとした味わいで、飲み込んだ後のさっぱり感とキレの良さと甘さが秀逸な仕上がりを感じさせます。
減圧蒸留の焼酎ですので、コクと深みでは物足りなさを感じるかもしれませんが、”香り”を楽しむ焼酎としてはお勧めの焼酎ですね。

芋の香りが嫌で芋焼酎を敬遠している方に、ぜひお勧めしたい焼酎です。
蔵元は小さな蔵で、大量生産をせずに一本一本丹精を込めて造られているそうです。

銘柄:舟人
かな:ふなと
原料:さつま芋・米麹
麹:黄麹
蒸留:減圧
アルコール度数:25 度
蔵元:原口酒造株式会社   (HPは開設されておりません)
郵便番号:899-3304
住所:鹿児島県日置市吹上町入来652番地
電話番号:099-296-2069
FAX番号:099-296-4968

[0046]