アーカイブ : 2011年 12月

那由多の刻

本格焼酎 【長期熟成貯蔵】 那由多の刻  雲海製のそば焼酎です。
十、百、千、万、億、兆…、那由多…。眠りに就いたのはいつのことだったのか。
途方もなく長い夢を見ていたような、ほんの短い微睡(まどろ)みだったような・・・。
時と名水と素材の絶妙のブレンド。熟成の深い薫りと風味が酔わせます。 《表ラベルより》

この焼酎「那由他の刻」は『なゆたのとき』と読みます。
『なゆた』って、、、はてなんだろう??
実はこの焼酎、スーパーの棚にあったのをろくに確かめもせずに買いました。第一印象は面白いというか変わった名前だなぁ、そしてちょっとウィスキーみたいだな・・・と思ってつい手が伸びてしまったのです。
ですから「那由多の刻」がそば焼酎だとはまったく知らなくて、ラベルを読んでびっくりした次第です。ウィスキーのようだと書きましたが、黄金色のように輝いてはいないものの、ちょっと黄色を帯びていて焼酎にしては珍しい色合いでした。
そして「那由多」とは、、、 ラベルには、十、百、千、万、億、兆・・、那由多・・と書いてあります。 そう、那由多とは数の単位なのでしょうか。あわてて広辞苑を広げてみると・・・『梵語(ぼんご)、阿由多の百倍、極めて大きな数量。千億に当たるという。』・・・どうやら梵語にある言葉で非常に大きな数を言うようです・・・凡人の私には知る由もありません。で、このそば焼酎の名前の由来は、非常に長い間熟成貯蔵をしているから付けたとのことです。
那由多(なゆた)とは数の単位で10の60乗のことです。数の単位は一十百千万・・・億兆京・・・と増えていき、非常に大きな数を表す単位として、 極(ごく)=10の48乗、 恒河沙(こうがしゃ)=10の52乗、 阿僧祇(あそうぎ)=10の56乗、 那由他(なゆた)=10の60乗、 不可思議(ふかしぎ)=10の64乗、 無量大数(むりょうたいすう)=10の68乗)となるそうです。でも長期熟成貯蔵で、このような黄色いウィスキーのような色合いがでるのでしょうか?
そこで雲海酒造(全国区のそば焼酎「雲海」の醸造元)のホームページをのぞいてみました。それによると、このそば焼酎は「高千穂にあるトンネルを利用した貯蔵庫で樫樽に入れて長期熟成した」とのこと。つまりウィスキーのような黄色味は樫樽貯蔵によるものだったのです。・・・これで納得できました。
さてこうした特徴のあるそば焼酎はどのような味わいなのでしょうか?封を切るとほんの少し甘い香りがする程度で、ほとんど匂いがありません。そのまま飲んでも刺激が無くてまろやかです。これが長期熟成の効果なのでしょうか・・・。口当たりが良くてほのかな香り、まるで奥ゆかしい女性のような・・・、呑み始めたら止まらなくなっていました。

銘柄:那由多の刻
かな:なゆたのとき
原料:そば・麦麹・米
使用麹:
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:長期熟成貯蔵
容量:720ml
価格:1,260円
蔵元:雲海酒造株式会社 五ヶ瀬第2工場
郵便番号:882-1203
住所:宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字三ヶ所1275番地
電話番号:0985-23-7830
FAX番号:

[0194]

魔界への誘い (黒麹仕込)

毎年数々の賞を受賞する大人気の芋焼酎です。黒麹の香りを持ちながらも、まろやかな味わいがある本格芋焼酎です。ポットスチル(単式蒸留器)の首を長くすることでまろやかな甘みを生み出す工夫をしたり、原料芋(黄金千貫)の両ヘタを多く切り込むことで異臭の成分を除くなど、こだわりは半端でない芋焼酎です。
さらに、原生麹の黒麹を使用し、荒ごし濾過により甘い香りと味に深みをだしています。口にふくむと、黒麹特有の甘い香りを持ちながらも、香りと味わいのまろやかさが際立つ芋焼酎です。クリスマス・イブに魔界へというのもどうかと思いましたが、この焼酎はワインよりはるかに旨いです。

銘柄:魔界への誘い
かな:まかいへのさそい
原料:さつま芋・米麹
使用麹:黒麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,289円
蔵元:合資会社光武酒造場
郵便番号:849-1322
住所:佐賀県鹿島市浜町乙2421番地
電話番号:0954-62-3033
FAX番号:0954-62-3075

[0193]

吉兆 宝山(黒麹)

吉兆宝山(黒麹仕込)
創業以来、かわることなく旨さを磨いております。
気合度数120%   (瓶ラベル裏面より)
古の昔、宝山検校、琵琶の和音色 これ吉兆なり 
(瓶表ラベルより)

吉兆宝山は黒麹で仕込み見事なまでのパンチの効いたコクと香りが堪能できる逸品です。骨太な深い味わいで、トロリと甘く、しかも口に含んだ瞬間なんともい えない柔らかさが広がり、いつまで飲んでも味わいが益々さえる焼酎です。お湯割りもおススメです。富乃宝山と同じく絶大な人気を誇る焼酎です。

銘柄:吉兆 宝山(黒麹)
かな:きっちょう ほうざん(くろこうじ)
原料:薩摩芋(鹿児島県産黄金千貫)・米麹(国産米)
使用麹:黒麹
蒸留方法:常圧単式
アルコール度数:25度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,960円
蔵元:西酒造株式会社
郵便番号:899-3309
住所:鹿児島県日置市吹上町4970番地17
電話番号:099-296-4627
FAX番号:099-296-4260

[0192]

焼き芋

鳴門金時蒸留所は、四国の徳島県にある石井町という小さな町で、 うまい芋焼酎づくりに励む小さな蒸留所です。 芋焼酎は九州が本場と言われます。 焼酎づくりの歴史に加え、なにより原料となる甘藷の生産地であるからでしょう。 しかし、鳴門金時蒸留所が使う芋は地元徳島のミネラルをたっぷり含んだ海砂と降り注ぐ太陽、 そして農家の愛情が育てたブランド芋『鳴門金時』です。 鮮やかな赤い皮と黄色い身は、見た目の美しさだけでなく 焼いて、蒸して、煮て、揚げて、厚みのある甘さが顔を出し、いっそう深い香ばしさを放ちます。 その持ち味は、蒸留ののちに焼酎となってもなお、いささかも衰えることを知りません。もちろん、うまい原料芋を前にして、職人も手を抜くことはいたしません。

徳島県鳴門市の砂地で丹念に作られたなると金時を使用しています。石を敷き詰めて少し焦げ目がつくくらいにこんがりと焼いた鳴門金時芋を丹念に仕込んで造っています。
「鳴門金時 焼き芋」は、最も甘みが豊潤になる「焼き芋」の状態にして仕込んでいる芋焼酎です。また、鳴門金時芋の上品な甘さを基調とし、コクと芋の香りが引き立つようにあえてアルコール度数を28度にしているそうです。
トクトクとグラスに注ぐと、ホンノリとした香ばしい香りがたちのぼってきます。そして口のなかに入れた瞬間、フワリと力強い香りが舌に伝わってきます。喉ごしもスッキリとしてキレのよい甘みとジンワリとしたコクに満たされてきます。まさに至福の贅沢な味わいが楽しめる芋焼酎です。

銘柄:焼き芋
かな:やきいも
原料:鳴門金時芋・米麹
使用麹:
蒸留方法:
アルコール度数:28度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量1,800ml
価格:2,940円
蔵元:鳴門金時蒸留所
郵便番号:779-3207
住所:徳島県名西郡石井町高原字桑島7番地1
電話番号:088-675-3933
FAX番号:088-675-3911

[0191]

越空

長期熟成麦焼酎 越空
香ばしく余韻の長い味わいの麦焼酎を目指して、黒麹を使って丁寧に厳選した麦を仕込みました。豊かな風味を生かすために、常圧蒸留した原酒のみを使用し、口当たりのしっかりとした仕上がりになりました。深みのある色合いと、コクのある口当たりは、樫樽で長期に熟成された証です。
麦焼酎「越空」の魅力をお楽しみ下さい。 (瓶裏レベルより)

「越空」は喜多屋が三越と伊勢丹の経営統合を記念して企画・醸造した麦焼酎です。
アルコール度数は39度と非常に高いのですが、樫樽で長期熟成させているので非常にまろやかな味わいに仕上がっています。まるで麦焼酎というよりもブランデーを呑んでいるような感じになります。

銘柄:越空
かな:えっくう
原料:麦・米麹
使用麹:黒麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:39 度
貯蔵方法:樫樽
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:3,150円
蔵元:株式会社喜多屋 
郵便番号:843-0031
住所:福岡県八女市本町374番地
電話番号:0943-23-2154
FAX番号:0943-23-2156

[0190]