アーカイブ : 2012年 12月

甲の上

13年以上タンク貯蔵したコクとまろみのある常圧蒸留の原料を更に琥珀熟成させた限定品。
貯蔵酒特有のまろやかな風味とほのかな香りが楽しめる一品。 (蔵元HPより)

焼酎は酒税法によって連続蒸留焼酎の甲類と単式蒸留焼酎の乙類に分かれています。この「甲の上」は単式蒸留ですので乙類の焼酎になります。乙類だけれど甲類の上という意味でつけられた名前なのでしょうか。
追記:焼酎乙類にして「甲の上」と名付けられた由来は、物事の始め、一級品という意味で使用される「甲」のなかで、とりわけ「上質」という意味合いからきているそうです。

13年以上貯蔵熟成させた常圧蒸留原酒と樽貯蔵させたまろやかな酒質の原酒をブレンドして造られたいます。貯蔵酒特有のまろやかな風味と、琥珀熟成ならではのほのかな香りが楽しめる焼酎です。
人吉球磨の清水、米、気候風土、そして五百年という伝統によって磨かれた「甲の上」、また呑みたくなるうまい焼酎の仲間入りです。

銘柄:甲の上
かな:こうのじょう
原料:米・米麹
使用麹:白麹
蒸留方法:常圧・減圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:樽
貯蔵年数:13年以上
容量:720ml
価格:2,625円
蔵元:球磨焼酎株式会社 
郵便番号:868-0051
住所:熊本県人吉市麓町5番地の1
電話番号:0966-22-6930
FAX番号:0966-22-6941

[0244]

3650

深い眠りからさめた幻の一滴
(瓶の表ラベルより)

「3650」は神楽酒造さんが厳選された国内産二条大麦と麦麹を原料にして造られ、蒸留した原酒を樫樽で10年間の永きにわたって貯蔵熟成させたものです。麦の貯蔵酒で10年というのはなかなかありません。
琥珀色の色と艶、広がりのある芳醇な香り、熟成感を感じられるまろやかで深みのある味わい、どれをとっても最高の満足感を与えてくれます。
この焼酎の綺麗な呑み口はストレートで呑まれることをお薦めします。

銘柄:3650
かな:さんろくごうぜろ
原料:麦・麦麹
使用麹:白麹
蒸留方法:減圧
アルコール度数:27度
貯蔵方法:樫樽
貯蔵年数:10年
容量:720ml
価格:2,145円
蔵元:神楽酒造株式会社
郵便番号:882-1621
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸144番地1
電話番号:0982-76-1111
FAX番号:0982-76-1118

[0243]

金山蔵

黄金麹仕込み 金山蔵
黄金麹菌は明治44年に、泡盛麹から黄金色の菌として発見、分離された麹菌です。醸造特性に優れ、特徴的な香気を有します。薩摩坤山蔵では永い歳月眠りに付いていた「黄金麹菌」を復活させ、金山蔵にふさわしいその名も「黄金麹菌」を造り、仕込みに使用しています。 (化粧箱裏面・瓶裏ラベルより)

金山蔵は鹿児島の西部に位置する東シナ海の玄関口の串木野にあります。この串木野は古くから金銀の産出を行っており昭和の最盛期には全国で1,2位の産出量を誇った金山がありました。その金山の総延長120㎞の坑道を利用して造られたのが金山蔵です。
焼酎造りは、かって味噌や醤油のように自家製で造られていて女性の仕事でもあったそうです。金山蔵ではまさにそれを再現したどんぶり仕込みという原料、麹、酵母、水を同時に仕込む方法を採っています。さらに昔ながらのカブト釜式蒸留器という木桶蒸留器で蒸留しており口あたりがとても柔らかく、この蔵独自の黄金麹という麹が使用されることで、他にはない豊かな香りとやわらかい味わいが生まれています。
スッキリとしながらも芋らしさを余韻に永く残す呑み飽きない芋焼酎、ぜひ呑んでみませんか。 お薦めです。

銘柄:金山蔵
かな:きんざんぐら
原料:さつまいも(鹿児島県産) 米麹(国産米)
使用麹:黄金麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:1,370円
蔵元:薩摩金山蔵株式会社   (濱田酒造株式会社グループ
郵便番号:896-0073
住所:鹿児島県いちき串木野市野下13665番地
電話番号:0996-21-2110
FAX番号:0996-21-2511

[091103]

美酔焼酎 凜

本格焼酎 甕仕込み甕貯蔵 
杜氏 軸屋麻衣子の黒麹仕込み 美酔焼酎 凜
明治43年の創業以来白麹で芋焼酎を造り続けてきましたが、軸屋酒造の酒造りに新しい歴史が加わりました。
軸屋麻衣子が杜氏として初めて手がけた黒麹仕込み「美酔焼酎 凜」をご賞味ください。  (瓶の裏ラベルより)

美酔焼酎 「凜」は、焼酎業界で最も注目されている女性杜氏「軸屋麻衣子」氏がほのかな甘み、やさしさを表現するためにこれまでの白麹ではなく黒麹を使用して春・秋の時期に限定数量を蔵出ししている特選芋焼酎です。
紫尾山を頂く風光明媚な地で生まれた軸屋酒造が、県内産のさつま芋と米麹を原料に、146mの地下から途絶えることなく湧き出る紫尾山系の伏流水を仕込・割水ともに使用しています。余計なものを足さず、手を抜かず、それらを体現している芋焼酎です。
口あたりはとても爽快で、黒麹特有の芳醇な香りと上質な芋の旨みのバランスがとてもよく、後口は意外なほどさらりとしています。ストレートで呑んでも、爽快さと甘みが十分に伝わって意外なほど奥行きを感じさせてくれます。
なかなか手に入りにくい焼酎ですが、見かけたら迷わず購入されることを強くお勧めします。

銘柄:凜
かな:りん
原料:さつま芋(鹿児島県内産こがねせんがん)・米麹(国産米)
使用麹:黒麹
蒸留方法:
アルコール度数:25度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,656円
蔵元:軸屋酒造株式会社
郵便番号:895-1807
住所:鹿児島県志薩摩郡さつま町平川1427番地
電話番号:0996-54-2507
FAX番号:0996-54-2663

[0242]