アーカイブ : 2013年 4月

千枝子

株式会社西平本家の黒糖焼酎は世界一のソムリエが絶賛しているそうです。
その株式会社西平本家が造る黒糖焼酎のなかでも絶品中の絶品と言われているのが無濾過黒糖焼酎「千枝子」です。
奄美の伝統製法である三段仕込で仕込まれ、奄美杜氏の小俣都美夫氏が職人の技と拘りをもって丁寧に造られた奄美黒糖初の本格無濾過焼酎が「千枝子」です。この「千枝子」は蔵主の中村千枝子さんの名前で、まさに蔵を代表する黒糖焼酎と言えます。
伝統的な甕仕込みに加えて、一次もろみに半麹(蒸した米に麹菌を付けただけの麹になる前の状態)を加えて仕込んだ後に、さらに黒糖を加えるというこの蔵独自の三段仕込み方法を行っているそうです。半麹を用いた仕込を三段に分けることでゆっくりと糖化が進み、まろやかな風味に仕上がっています。
そして、蒸留された原酒を濾過することなく、そのままの状態で貯蔵し、2日おきに表面に浮いてくる油を丹念にすくい取ることで無濾過の黒糖焼酎が生まれます。
無濾過「千枝子」は、ラベルにも力強さが案じられるとともに、そこに墨風情で書かれた名前にもインパクトを感じました。そして、呑んでみて黒糖の風味と味わいに更なるインパクトを感じたのです。黒糖の深みのある香りと黒糖の旨味が凝縮されたコクは年代もののブランデー以上の風格といえるでしょう。ぜひ、外レートで呑んで欲しい焼酎です。

銘柄:千枝子
かな:ちえこ
原料:黒糖・米麹
使用麹:白麹
蒸溜方法:常圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:甕壷
熟成期間:
容量:1,800ml
価格:3,025円
蔵元:株式会社西平本家
郵便番号:894-0016
住所:鹿児島県奄美市名瀬古田町21番地25号
電話番号:0997-52-0059
FAX番号:0997-52-0512

[0261]

鳥飼

森が水をたくわえ、そして酒が生まれます。
私達は150haの自然林や小川の手入れを行い乍ら焼酎を造っています。吟香「鳥飼」は150haの森に囲まれた草津(そうず)蒸留所で渓流のせせらぎや谷を通る風の中で育ちます。 (球磨焼酎酒造組合HPより)

吟香鳥飼の生命は 華やかな香りと 柔らかな味わいにあります。
それは、永い年月に 磨かれた技と自家培養の 酵母によって生まれました。
豊かな吟醸香を  お楽しみ下さい。  (化粧箱の中の栞より)

吟香「鳥飼」は、およそ焼酎とは思えない華やかな吟醸香を持つ、新タイプの米焼酎で、まるで清酒のような吟醸香なクリアな味わいを持つ個性派焼酎です。自家培養の酵母によってこの個性的な香りを実現させた鳥飼酒造では、製品をこの銘柄のみに絞っており、その意気込みがうかがえます。この焼酎を味わうには、ストレートか、もしくはロックで呑むことをお勧めします。ストレートで呑むと、まるで吟醸酒を呑んでいるような錯覚を覚えます。また、ロックにすると、大事な香りを残しつつ、締まりのあるフィニッシュが楽しめます。全体としてはクリアさが身上の焼酎ですので、クラッシュアイスを加えた食前酒としても楽しめます。鳥飼酒造の「吟香鳥飼」は世界的に権威のある「モンドセレクション国際食品コンクール」でグランプリに輝いた焼酎です。
現蔵元の鳥飼和信氏は、「小さな蔵元が生き残るためには、大きな蔵に負けないような技術革新を行い、独自の技術を身につけ、その蔵でしか出せない特色を持つ事が必要だ」と考え、「吟醸酒のように華やかな吟醸香をもつ焼酎」という、これまでにない新しい焼酎を造ろうと決意され、焼酎の可能性を信じて「香り」の研究に没頭されたそうです。そして試行錯誤を重ね、昔の文献、現代の微生物、醸造学を何年もかけて調べ、大学や研究機関、清酒業界の有名な杜氏さんを訪ね歩き、利益のほとんどを研究費に注ぎ込みながら15年の研究を経て、よやくイメージ通りの香りが研究室から生まれたのです。こうして生まれた「吟香鳥飼」は、新しさを取り入れた球磨焼酎の世界観をもっている焼酎と言えるでしょう。

銘柄:鳥飼
かな:とりかい
原料:米・米麹
使用麹:黄麹
蒸留方法:減圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:タンク貯蔵
熟成期間:
容量:720ml
価格:1,943円
蔵元:株式会社鳥飼酒造
郵便番号:868-0034
住所:熊本県人吉市七日町2番地
電話番号:0966-22-3303
FAX番号:0966-24-7947

[0260]

珊瑚

珊瑚は、タンクで1年貯蔵した無色透明の焼酎です。
黒糖焼酎本来のあまい香りとすっきりとした味わいが特徴で、1次2次をカメで仕込み常圧で蒸留した昔ながらの製法で造った黒糖焼酎です。
珊瑚はレギュラー焼酎として幅広い年齢層に愛飲していただいている焼酎で、その特性をしっかり感じさせてくれると同時に、主原料の黒糖が”甘み”と”コク”を創出し、より一層”おいしさ”を演出してくれます。
珊瑚は平成24年酒造年度鹿児島県本格焼酎鑑評会にて、総裁賞代表受賞いたしました。  (西平酒造HPより)

美しい海と珊瑚礁に囲まれた自然豊かな奄美大島の特産品のひとつ「黒糖焼酎」は、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の5島からなる奄美諸島でしか製造が出来ない焼酎で、まさしく黒糖焼酎は「島の宝」だそです。黒糖焼酎はその名のとおり黒糖を原料にして造られた蒸留酒で、主原料の「黒糖」は、カルシウムが白砂糖の240倍、鉄分は47倍も含まれており、ミネラルも豊富に含まれているそうです。奄美大島では、黒糖を「薬膳」と呼ばれており、奄美の人たちが長寿で若々しく元気なのは黒糖を毎日食べているからとも言われています。その黒糖から造られた黒糖焼酎は大変注目を浴びているお酒です。奄美諸島には黒糖焼酎の蔵元が18蔵あります。その一つの昭和2年創業の西平酒造は、従業員7名と小さな蔵元ですが黒糖焼酎「加那」も有名です。「加那」は樫樽で貯蔵されますがこの「珊瑚」はタンクで貯蔵されています。話が逸れますが西酒造の「悠々加那伝説」という黒糖焼酎は700ml瓶ですが価格が30,000円もします。昭和53年(1978)に製造・貯蔵され28年間熟成貯蔵された古酒とのことですが、どのような味がするのでしょうか。限定3,000本の出荷だそうですので入手もきっと難しいでしょうね。
さて、「珊瑚」ですが、青い空と海をイメージした背景に、銀色の珊瑚の文字が印象的なラベルです。黒糖焼酎のなかでは珍しく黒糖の香りが少ない焼酎です。ドライな仕上がりでキレのよさがあります。ほんのりと甘くすっきりと爽やかな味わいに仕上がっており、コクが後からゆっくりと感じられるとてもバランスのよさは女性の方にもお勧めできる黒糖焼酎だと思います。この「珊瑚」は、食事と一緒に呑むよりも食後にロックで後味のスッキリさを楽しみつつ呑むのが好いと思います。この焼酎は出荷量が少なく、なかなか手に入りにくいようですので見かけられたら即購入をお勧めします。

銘柄:珊瑚
かな:さんご
原料:黒糖・米麹(国産米)
使用麹:黒麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:30度
貯蔵方法:タンク
貯蔵年数:1年
容量:1,800ml
価格:2,080円
蔵元:西平酒造株式会社
郵便番号:894-0012
住所:鹿児島県奄美市名瀬小俣町11番12号
電話番号:0997-52-0171
FAX番号:0997-52-3006

[0259]

夢想仙楽

渡唐梅花主  文化越波濤  夢想仙楽酒  西都太宰府  (化粧箱・陶器包装紙より)
梅花主、唐土へと渡る 文化は波濤を越えて来た 仙人の夢に想いて醸す酒 西の都  太宰府に今在り

夢想仙楽  特別に醸造した麦焼酎をスペインより輸入したシェリー酒樽に長期貯蔵いたしております。
【夢想仙楽】の銘々由来:中国の深山幽谷に住むという仙人、その仙人が夢に想い描いて醸した伝統の名酒、《夢想仙楽酒》が西都太宰府で長い歳月の眠りを終えて蘇りました。飲むほどに幽玄、酔うほどに開運の兆しありと世にいう名酒です。(光酒造HPより)

中国の深山幽谷に住むという仙人、その仙人が夢に想い描いて醸した伝統の名酒「夢想仙楽」が西都太宰府で長い歳月の眠りを終えて蘇ったもので、呑むほどに幽玄、酔うほどに開運の兆しありと世にいう名酒だそうです。
太宰府は天皇(すめろぎ)の遠(とう)の朝廷(みかど)と称され、古代より中国大陸の玄関として、また文化文明のクロスワード(交差点)として栄えた古都です。太宰府には、酒造りをはじめとする様々な文化が玄界灘を越えて到来しました。
蔵元の光酒造は太宰府市から北の槽屋郡粕屋町で昭和34年(1959)に創業した比較的新しい蔵元ですが、地元の風土味を活かした日本酒とアイデア溢れる本格焼酎を造っています。
この「夢想仙楽」は豪州産の最高品質の大麦で醸造し、常圧蒸留で蒸留した原酒をスペインから輸入したシェリーの樫樽で5年以上長期熟成して造られています。なぜ、国産大麦ではなく豪州産を使用するのかというと、大麦の粒が均一でより良い麦焼酎が醸せることと、原料価格が安価なことで焼酎価格も低く設定できるからだそうです。
グラスに注ぐと良質な琥珀色の輝きを見せ、鼻孔に漂う長期の熟成によって複雑性を増して品格を感じさせる高貴な麦の香ばしい香り、そして口に含むと舌に伝わる厚みとコクのある豊潤でまろやかな味わい。これらのバランスがとてもよく、ストレートでもついつい呑みすぎています。というよりも、この焼酎はストレートで呑んでこそ旨さが伝わると思います。
この焼酎も取扱店が少ないのかあまり見かけませんが、見かけられたら是非購入して欲しい焼酎です。聞くところによると「百年の孤独」よりも旨いとか。。

銘柄:夢想仙楽
かな:むそうせんらく
原料:麦(豪州産)・麦麹
使用麹:
蒸留方法:常圧
アルコール度数:40度
貯蔵方法:シェリー酒樽
貯蔵年数:5年以上
容量:720ml
価格:2,840円
蔵元:光酒造株式会社
郵便番号:868-0501
住所:福岡県槽屋郡粕屋町大字長者原95番地3
電話番号:092-938-2458
FAX番号:092-939-2553

[258]