薩摩黒若潮

鹿児島の大地で育まれた「黄金千貫」を新鮮なうちに黒麹で仕込み、昔懐かしい黒麹ならではのコクのある味とまろやかな味わいが特徴です。
先日紹介した「蔵の宿六」も若潮酒造協同組合の焼酎です。

「蔵の宿六」はネーミングに魅かれて購入しましたが、「さつま黒若潮」はビールのようなラベルに惹かれました。(単純!)

若潮酒造協同組合は、鹿児島県東部の志布志湾の松林のなかにあります。
この組合は1968年8月に地元の蔵元5社が集まりできたそうです。
この蔵の仕込み貯蔵は全て昔ながらの「かめ壺仕込み」であり、蒸留器にも焼酎独特の良さを生かす「木桶蒸留機」を取り入れており、これらがまろやかな風味の焼酎を作り出しているのです。
呑んでみると、芋焼酎本来のまろやかな味わいに仕上がっており、良く出ている深いコクと、黒麹の特徴である上品な甘い香りがあります。
また、芋の薫りも爽やかで、喉越しもよく、味わい深い逸品です。
さすが、地元志布志で長い間愛飲され続けている焼酎だけのことはあります。

銘柄:さつま 黒若潮
かな:さつま くろわかしお
原料:さつまいも、米麹
麹:黒麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25度
蔵元:若潮酒造共同組合
郵便番号:899-7104
住所:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地
電話番号:099-472-1185
FAX番号:099-472-3800

[0023]

蔵の宿六

スーパーで見つけた芋焼酎。ネーミングに惹かれて購入しました。

この『蔵の宿六』は一次仕込み、二次仕込みともにかめ壺で仕込み、昔ながらの木桶蒸留器で蒸留した芋焼酎で、若潮酒造自慢の逸品だそうです。

この蔵の特色である木桶蒸留という蒸留法は、樹齢80年以上で3年間陰干しした杉の木でつくった小型の蒸留器を使います。
現在主流のステンレスなどの蒸留器にくらべて非常に手間のかかる方法ですが、ゆっくりとした蒸留が行われ、ほのかな木の香りが感じられる、やわらかな味わいの焼酎が出来上がるそうです。

味わってみて、まろやかな舌触りとのど越しに残る辛口の余韻が、芋・米・水など全てにこだわった若潮酒造の意気込みとして感じられました。

銘柄:蔵の宿六
かな:くらのやどろく
原料:さつまいも、米麹
麹:黒麹
蒸留:減圧
アルコール度数:25度
蔵元:若潮酒造共同組合
郵便番号:899-7104
住所:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地
電話番号:099-472-1185
FAX番号:099-472-3800

[0022]

さつま 白波

全国的に有名な焼酎です。
いも焼酎といえば、「さつま白波」と信じている人もいるくらいポピュラーな銘柄です。

味わいは「これぞ芋焼酎」というしっかりとした味わいと香りが特徴です。
地元の人にも人気の銘柄ということで安心して呑める焼酎だと思います。

旧式仕込み
肩まで地中に埋め込まれたかめの中でじっくりと醸しだされる「かめ壺仕込み」の味わいは大地の優しさを感じさせるものがあります。
昔ながらの伝統的な製法から生まれた素朴な味をそのまま詰めてみました。
かめの温もりと南薩摩のおおらかな風土の造り出す甘く柔らかな風味をお楽しみください。  (ラベルより)

銘柄:さつま 白波
かな:さつま しらなみ
原料:芋、米麹
麹:白麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25度
蔵元:薩摩酒造株式会社
郵便番号:898-0025
住所: 鹿児島県枕崎市立神本町26番地
電話番号:0993-72-1231
FAX番号:0993-72-5554

[0021]

「赤霧島」2009年春バージョン

幻の紫芋
宮崎県新城市にある九州沖縄農業研究センターで最も優秀な紫芋として開発された新品種、ムラサキマサリ(紫優)。

霧島酒造はムラサキマサリこそ、まさに厳選された紫芋であることを見出しました。
百花爛漫の味酒
本格芋焼酎「赤霧島」に使う芋は、ムラサキマサリ100%。
これまでにない華やかで彩りのある甘みと香りはまるで花が咲き乱れる様子を思わせる味わいです。
その証としてラベルには「百花爛漫」の一字を刻印しました。

自然が育む天然色素ムラサキマサリの紫はポリフェノールの一種。
その紫色素は酸性に移行すると赤くなります。
このポリフェノールの紫と麹のクエン酸の出会いが作る醪の赤。
それこそ「赤霧島」のシンボルの赤なのです。
(ここまで瓶裏面のラベルより)

2009年春の「赤霧島」が3月25日に蔵元から出荷が始まりました。
この焼酎は原料のムラサキマサリの収穫量が限られているため数量限定のプレミア品となっています。
質実剛健の「黒霧島」とは正反対に位置するのがこの「赤霧島」です。
女性のような貴賓ある姿の中にあるこの味わいは、風雅な甘みと、貴腐ワインのような雅で気高い香りを持つ誉れ高いテイストと言えます。
後を引くような甘みと気品高い香りが特徴の全く新しいタイプの芋焼酎です。
年2回、春と秋に数量限定で発売されますが、発売から今年で7年目となる赤霧島は、今年も熟成感をしっかりと出しており、
品格のある香り・味わいを堪能できました。
今、2009年度春版の「赤霧島」に思わずため息がでるほど、酔いしれています。(笑)

銘柄:赤霧島
かな:あかきりしま
原料:さつまいも(紫芋)、米麹
麹:白麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25度
蔵元:霧島酒造株式会社
郵便番号:885-0011
住所:宮崎県都城市下川東4丁目28号1番
電話番号:0986-22-2323
FAX番号:0986-25-8474

[0020]

黒伊佐錦・春薩摩旬あがり

春季限定で単一仕込みのシングル薩摩が春薩摩旬(とき)あがりです。
平成20酒造年度に製造し、蒸留後、最低150日以上単一タンクで封印蔵囲い熟成するそうです。
貯蔵150日経つと、新酒時の荒々しさが取れ、酒質が安定し、飲みやすくなるようです。

この春薩摩旬(とき)あがりは数年前から薩摩の蔵元が協力してシリーズ化し、各蔵元はそれぞれの特性を生かした「春薩摩旬あがり」を製造しているそうです。
そのなかで、大口酒造(株)さんの黒伊佐錦が手に入りました。
ロックで呑んでみると、確かに呑みやすい酒に仕上がっています。
芋の香りが豊かでコシのある旨口ながらまろやかで上品な口当たりです。
春の花見のお供にいいかも・・・ネ。

銘柄:黒伊佐錦・春薩摩旬あがり
かな:くろいさにしき・はるさつまときあがり
原料:さつま芋、米麹
麹:黒麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25度
蔵元:大口酒造株式会社
郵便番号:895-2506
住所:鹿児島県伊佐市大口原田643番地
電話番号:0995-22-1213
FAX番号:0995-22-9381

[0019]