芋焼酎 大黒

スーパーで、ふと見つけた焼酎。
昭和を彷彿させるレトロなラベルに懐かしさを感じて、おもわず買ってしまった松崎酒造さんの芋焼酎「大黒」です。

松崎酒造さんは、明治42年に市来地区で初めて芋焼酎を造ったといわれる、松崎吉次郎が創業者だそうです。
以前は「薩摩の国」なる焼酎もあったそうですが、現在は「大黒」のみ、一銘柄のみで商いをする蔵は珍しいのではないでしょうか。
ほぼご家族だけで醸す黄金千貫100%を使用して創っているそうです。
それだけこの焼酎に込める思いが強いのかもしれませんね。
この「大黒」は香に少し特徴があり、ちょっと果実っぽい感じがします。
飲み口はいがいとあっさりとして引けがいいですね。

焼酎の名前は、ラベルから想像するに七福神の一人『大黒天』に因んだようです。
芳醇な香りと味わいの為に原酒を地下水豊富な土地の地下タンクに貯蔵し、品温の変動を小さくして熟成する工夫がされているそうです。
手作り醸造ならでは飲み口は、フルーティーさを感じる芋の香りが楽しめます。
食中酒としても最適だと思います。

銘柄:大黒
かな:だいこく
原料:芋、米麹
麹:白麹
蒸留:常圧
アルコール度数:25度
蔵元:松崎酒造合名会社
郵便番号:899-2103
住所:鹿児島県日置郡市来町大里232番地
電話番号:0996-36-5485
FAX番号:0996-36-5485

[0013]

いいちこ 民陶くろびん

容器につられての購入です。

この「いいちこ」は原料に大麦麹と大麦のみを使用しています。
「全麹造り原酒」の使用比率を高め、旨みを引き出す常圧蒸留と、香りをいかす減圧蒸留を巧に使い、さらに全麹造り原酒のブレンド比率を高めることで、よりまろやかでコクのある味わいに仕上げた逸品です。
また、容器には黒色の陶磁器を採用し、高級感を醸しだしています。
やわらかな口当りとほのかにひろがる素朴なうまさのハーモニー。
大麦麹の酒の頂点「全麹造り原酒」との調和をきわめた本格焼酎です。

※全麹造り原酒とは?
一次仕込みも二次仕込みも大麦麹だけを使った贅沢な造りを全麹造りと呼んでいます。
大麦麹100%で醸すと、まろやかでコクのある原酒、
深い味わいをひめた原酒がつくれるそうです。

銘柄:いいちこ民陶くろびん
かな:いいちこみんとうくろびん
原料:大麦、大麦麹
麹:白麹
蒸留:常圧・減圧蒸留ブレンド
アルコール度数:25度
蔵元:三和酒類株式会社
郵便番号:879-0495
住所:大分県宇佐市大字山本2231番地の1
電話番号:0978-32-1431
FAX番号:0978-33-3030

[0012]

蔵の神

先日購入した「霧島」が味わいながら飲む焼酎となったために、晩酌用にまたまた焼酎を買ってしまいました。

蔵付き酵母のことを、「蔵の神」といっているところからつけられた名前だそうです。
黒麹とさつまいも(こがねせんがん)で造られた焼酎ですが、開栓のときから感じられる、なんともいえない芋の香りが好かったです。
でも、そんなに芋臭さではなく、ちょっと香ばしさのあるいい香りです。
口に含んだ瞬間の旨みはなんともいえず、ほどよいコクと甘みがあってバランスのいい味でした。
ストレートで飲みましたが、後口もスッキリしていておいしかったです。
値段が手頃なわりにはしっかりとした味わいのある芋焼酎だと思いました。

九州三大河川のひとつである川内川にはぐくまれた薩摩川内市。
この地の豊かな資源をもとに、山元酒造さんは焼酎造りをはじめられて90年以上の歴史を持っていらっしゃるそうです。
この神秘の地、薩州霊山冠獄岳の裾 百次の地に湧き出る湧き水は、地層のフィルターに長い時間に磨かれ、ミネラルを豊富に含んだ神秘の味わいをそのままに、
やわらかでまろやかな、甘みのある天然良質の美味しい水だそうです。
この水を山元酒造さんは仕込み水に使われているので、
焼酎の美味しさを不思議な力で引き出しているのでしょう。
この「蔵の神」は鹿児島ではごく一般的に飲まれている有名な芋焼酎だそうです。

銘柄:蔵の神
かな:くらのかみ
原料:さつまいも、米麹
麹:黒麹
蒸留:減圧
アルコール度数:25度
蔵元:山元酒造株式会社
郵便番号:895-0066
住所:鹿児島県薩摩川内市五代町2725番地
電話番号:0996-25-2424
FAX番号:0996-25-2423

[0011]

特別蒸留 熟成貯蔵 霧島

限定出荷の芋焼酎で、特別蒸留を実感できる至高の一酒ということで購入しました。
この特別蒸留 熟成貯蔵 霧島の原料の芋は、厳選した黄金千貫を使い、水は天下の名水と言われる霧島裂罅水を使っているそうです。
それと、焼酎造りの最終行程である「蒸留」において、アルコール濃度の高い初留だけの分別蒸留を行っているそうです。
さっそく飲んでみたところ、、じっくりと寝かせた熟成貯蔵分を加えているためか、口に含んだ瞬間にアルコール度数40度の芳醇な味を楽しめました。

高濃度酒でありながらふくいくとした香りとまろやかな甘みと旨み、まるで濃縮した青りんごのような味わいとでも表現しましょうか・・・。
また、コクも絶妙のバランスに整えられていました。
ボトルは気品ある大理石肌の陶器で、高級感あふれるデザインです。
これも気に入りました。
ただ、40度ですのでグラスでグイグイってわけにはいかず、舐めるように飲んでおります。(笑)

『特別蒸留 熟成貯蔵 霧島』

焼酎は蒸留酒です。本格焼酎に使われる蒸留機は単式蒸留機と呼ばれ、
この蒸留機によってとりだされるアルコールには
数百種の微量成分が含まれています。
本格焼酎の深い味わいは、
この微量成分の相互作用によって醸し出されるのです。
蒸留を始めて、最初に蒸留から出てくる部分を端垂れといい、
終わりの方に出てくる部分を末垂れといいます。
端垂れはアルコール分が高く、焼酎の旨味の成分を多く含んでいます。
一方、末垂れはアルコール分が低く雑味の成分や
酒質を劣化させる部分を多く含んでいます。
特別蒸留はこの末垂れを取り除く蒸留方法で、
一般に分割蒸留とも言います。
当然アルコール分は高く40%以上で普通蒸留に比べ
豊満な味、コク、風味をかもし出します。
しかも、じっくりと寝かせた熟成貯蔵分を加えているため、
高濃度であるながらフクイクとした香り、
まろやかな味が口にやさしくひろがります。
この製品の性質上、高濃度製品となっておりますので、
そのままを少しづつ生でお飲みになれば、
「特別蒸留 熟成貯蔵 霧島」を存分に味わって頂けることと思います。
(箱にあった栞より)

銘柄:特別蒸留 熟成貯蔵 霧島
かな:とくべつじょうりゅう じゅくせいちょぞう きりしま
原料:さつまいも、米麹
麹:白麹
蒸留:分割
アルコール度数:40度
蔵元:霧島酒造株式会社
郵便番号:885-0011
住所:宮崎県都城市下川東4丁目28号1番
電話番号:0986-22-2323
FAX番号:0986-25-8474

[0010]

大海酒造の限定焼酎 「海」です。
いもの香りにはなじめないが、いも焼酎にチャレンジしてみたい方のために造ったような焼酎です。
クセの無い甘味と鮮烈な香りと爽快な喉越しが楽しめます。
女性の方でも抵抗なく飲めると思います。
黄麹仕込みで、ベニオトメという品種のさつまいもを使用しています。
また、仕込水に垂水温泉水の「寿鶴」を使用しているのでこのような爽快感が味わえるのでしょうか。
とにかくお勧めの一品です。

銘柄:海
かな:うみ
原料:さつまいも、米麹
麹:黄麹
蒸留:減圧
アルコール度数:25度
蔵元:大海酒造共同組合
郵便番号:893-0016
住所:鹿児島県鹿屋市白崎町21番1号
電話番号:0994-44-2190
FAX番号:0994-40-0950

[0009]