荒濾仕上 舞

千亀女「荒濾仕上〜舞〜」
季節限定出荷千亀女「荒濾仕上〜舞〜」は地元大隅産の新鮮な獲れたばかりのさつまいもを使用して、かめ壷で仕込み、木樽蒸留にてじっくりと醸しました。仕上げの濾過を粗くし、瓶詰めを行いましたので、昔ながらの香りたつ芋焼酎の風味を存分にお楽しみ頂けます。

千亀女「荒濾仕上〜舞〜」のお取り扱いについて
※通常行う濾過の工程を粗めの和紙を使用して行っておりますので、冷暗所等に保管すると焼酎の成分が綿状の浮遊物として現れますが品質には問題ありません。
※濾過を粗めの濾紙を使用して行っておりますので焼酎が透明ではなくやや白色がかっておりますが、これも品質には問題ありません。
※通常製品より香りが強く感じられますが、これは荒濾過の特徴です。
※ビンをよく振ってからお飲み頂くことをお勧めします。
(ビンの中の焼酎成分がよく混ざるようにするため)
※商品の性質上早めにお飲みください。
(長期間経過すると、酒質には影響ありませんが、風味が変化します。)                 (瓶の裏面ラベルより)

若潮酒造が志布志n名を頂いたこの地で、シラス大地が濾過した伏流水と地元大隅の太陽の恵みを受けて美味しく育ったさつまいもを使い、手造りの味わいを守りつつ技術革新による新しい旨さの創造に挑戦して生まれた千亀女「荒濾仕上〜舞〜」です。
年末頃からの季節限定・少量生産の焼酎ですが、濾過を粗くすることでよい意味での「芋くささ」という香を引き立たせています。
最近の芋焼酎は昔の芋くささが薄れてきているように感じていた私にとっては香り立つ風味が一層芳醇に広がり、芋焼酎の醍醐味をしっかりと堪能させてくれた焼酎です。

銘柄:舞
かな:まい
原料:さつまいも・米麹
使用麹:
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:1,800ml
価格:2,488円
蔵元:若潮酒造株式会社 
郵便番号:899-7104
住所:鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地
電話番号:099-472-1185
FAX番号:099-472-3800

[0246]

冷凍焼酎 万暦

冷凍焼酎 万歴
自家培養酵母を使用したもろみを蒸留し、
高濃度の液体のみを封じ込めました。
[必ず冷凍してお飲みください]
ほのかにピーチを思わせる香りがあります。
冷凍庫でキンキンに冷やして
蒸留酒の醍醐味を味わってください。
冷凍焼酎 万歴
※アルコール度数が高いため
冷凍しても凍らずトロトロした状態になります。

  創業弘化二年 
    鹿児島県日置市吹上町与倉四九七〇ー一七
          西酒造株式会社         (瓶首に巻かれていた栞より)

西酒造が世に問う逸品「万歴」は、濃度が高く、旨み成分が凝縮された混じりけのない芋本来の独特の香味を存分に堪能できる芋焼酎の初留取りということで、行きつけの酒屋さんで購入しました。
新しい年2013年の始まりに封を開けるに名実ともに相応しいかと思っています。
この希少な焼酎は、毎年12月の蒸留より半年以上寝かせて納得の出来る旨さに仕上げられてから年に一度だけ数量限定で5月に出荷されるそうです。
蒸留では、原酒から抽出される順に、「初垂れ」「本垂れ」「末垂れ」と呼ばれているそうですが、なかでも一番最初に垂れてくる初垂れは、旨み成分が凝縮された部分であり、アルコール分も最も濃度が高く、混じりけの無い味わいと芋本来の独特の香りが存分に堪能できる贅沢なお酒です。
また、この「万歴」の化粧箱がとてもお洒落で卒業証書や賞状を入れる筒を一回り大きくしたような形になっています。そしてそのなかにしっかりと洗練されたボトルが入れられているのですが、このボトルのデザインと筒の色合いがとてもマッチしておりまして、正月のお節料理と並べても負けない華やかさでした。         

「万のことがらを一つひとつの暦に積重ね」 そうした一年の幕が明けました。

銘柄:万暦
かな:ばんれき
原料:芋「南薩摩黄金千貫」・米麹
使用麹:
蒸留方法:常圧
アルコール度数:44.5 度 〜44.9度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:360ml
価格:3,150円
蔵元:西酒造株式会社 
郵便番号:899-3309
住所:鹿児島県日置市吹上町与倉4970番地17
電話番号:099-296-4627
FAX番号:099-296-4260

[0245]

甲の上

13年以上タンク貯蔵したコクとまろみのある常圧蒸留の原料を更に琥珀熟成させた限定品。
貯蔵酒特有のまろやかな風味とほのかな香りが楽しめる一品。 (蔵元HPより)

焼酎は酒税法によって連続蒸留焼酎の甲類と単式蒸留焼酎の乙類に分かれています。この「甲の上」は単式蒸留ですので乙類の焼酎になります。乙類だけれど甲類の上という意味でつけられた名前なのでしょうか。
追記:焼酎乙類にして「甲の上」と名付けられた由来は、物事の始め、一級品という意味で使用される「甲」のなかで、とりわけ「上質」という意味合いからきているそうです。

13年以上貯蔵熟成させた常圧蒸留原酒と樽貯蔵させたまろやかな酒質の原酒をブレンドして造られたいます。貯蔵酒特有のまろやかな風味と、琥珀熟成ならではのほのかな香りが楽しめる焼酎です。
人吉球磨の清水、米、気候風土、そして五百年という伝統によって磨かれた「甲の上」、また呑みたくなるうまい焼酎の仲間入りです。

銘柄:甲の上
かな:こうのじょう
原料:米・米麹
使用麹:白麹
蒸留方法:常圧・減圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:樽
貯蔵年数:13年以上
容量:720ml
価格:2,625円
蔵元:球磨焼酎株式会社 
郵便番号:868-0051
住所:熊本県人吉市麓町5番地の1
電話番号:0966-22-6930
FAX番号:0966-22-6941

[0244]

3650

深い眠りからさめた幻の一滴
(瓶の表ラベルより)

「3650」は神楽酒造さんが厳選された国内産二条大麦と麦麹を原料にして造られ、蒸留した原酒を樫樽で10年間の永きにわたって貯蔵熟成させたものです。麦の貯蔵酒で10年というのはなかなかありません。
琥珀色の色と艶、広がりのある芳醇な香り、熟成感を感じられるまろやかで深みのある味わい、どれをとっても最高の満足感を与えてくれます。
この焼酎の綺麗な呑み口はストレートで呑まれることをお薦めします。

銘柄:3650
かな:さんろくごうぜろ
原料:麦・麦麹
使用麹:白麹
蒸留方法:減圧
アルコール度数:27度
貯蔵方法:樫樽
貯蔵年数:10年
容量:720ml
価格:2,145円
蔵元:神楽酒造株式会社
郵便番号:882-1621
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸144番地1
電話番号:0982-76-1111
FAX番号:0982-76-1118

[0243]

金山蔵

黄金麹仕込み 金山蔵
黄金麹菌は明治44年に、泡盛麹から黄金色の菌として発見、分離された麹菌です。醸造特性に優れ、特徴的な香気を有します。薩摩坤山蔵では永い歳月眠りに付いていた「黄金麹菌」を復活させ、金山蔵にふさわしいその名も「黄金麹菌」を造り、仕込みに使用しています。 (化粧箱裏面・瓶裏ラベルより)

金山蔵は鹿児島の西部に位置する東シナ海の玄関口の串木野にあります。この串木野は古くから金銀の産出を行っており昭和の最盛期には全国で1,2位の産出量を誇った金山がありました。その金山の総延長120㎞の坑道を利用して造られたのが金山蔵です。
焼酎造りは、かって味噌や醤油のように自家製で造られていて女性の仕事でもあったそうです。金山蔵ではまさにそれを再現したどんぶり仕込みという原料、麹、酵母、水を同時に仕込む方法を採っています。さらに昔ながらのカブト釜式蒸留器という木桶蒸留器で蒸留しており口あたりがとても柔らかく、この蔵独自の黄金麹という麹が使用されることで、他にはない豊かな香りとやわらかい味わいが生まれています。
スッキリとしながらも芋らしさを余韻に永く残す呑み飽きない芋焼酎、ぜひ呑んでみませんか。 お薦めです。

銘柄:金山蔵
かな:きんざんぐら
原料:さつまいも(鹿児島県産) 米麹(国産米)
使用麹:黄金麹
蒸留方法:常圧
アルコール度数:25 度
貯蔵方法:
貯蔵年数:
容量:720ml
価格:1,370円
蔵元:薩摩金山蔵株式会社   (濱田酒造株式会社グループ
郵便番号:896-0073
住所:鹿児島県いちき串木野市野下13665番地
電話番号:0996-21-2110
FAX番号:0996-21-2511

[091103]